2007年06月18日

しゃべれどもしゃべれども/佐藤多佳子

内容(「BOOK」データベースより)
しゃべりのプロだろ、教えてよ―あがり症が災いして仕事も覚束なくなった従弟の良や、気まぐれで口下手なために失恋ばかりしている美女の五月から頼られて、話し方教室を開くハメになった若い落語家の三つ葉。教室には苛めにあってる小学生や赤面症の野球解説者まで通ってきて…。嘘がつけない人たちの胸キュン恋愛小説。


噺家・今昔亭三つ葉がひょんなことから生きるのに不器用で素直じゃない人間4人を相手に「話し方教室」を開催。この教室を通してバラバラだった4人がいつの間にか輪になっていく過程が面白い。
三つ葉が噺のプロでも恋愛のプロではないあたりが人間臭くて放っておけないし。

人間ドラマも効いて、恋愛ドラマもかまし、文章のテンポが素晴らしく良いので飽きずにダダダッとのめりこみました。日本の風情がさりげなく感じられるのも素敵です。

比喩を用いた一節一節にパンチが効いてて笑えるやら頷くやらで目を見張るものがありました。頭が柔らかくないと思いつかない比喩ばかりで、これはきっと作者の持ち味なのでしょう。
こんな風に次から次へと喩え話が浮かべばどんなに素晴らしいことでしょ。羨ましいわー。

そんなわけで人を笑わせる落語ってええなーと普段観ない『笑点』を見ました。落語家というのは頭脳が柔軟で機転が利かないと話にならないなーと改めて感じました、とさ。

ミステリー小説に疲れたときや飽きたときに癒される一冊です。

しゃべれども しゃべれどもしゃべれども しゃべれども
佐藤 多佳子

新潮社 1997-08
売り上げランキング : 91385

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2007年06月08日

覆面作家/折原一

内容(「BOOK」データベースより)
顔に白頭巾をかぶってひたすらワープロを打ち続ける男。行方不明だった推理作家・西田操は七年ぶりに帰還して、長編『覆面作家』の執筆にとりかかった。それが、増悪と殺意の渦巻く事件の発端だった。劇中の小説と現実が激しく交錯し、読者を夢魔の世界に誘いこむ、傑作ホラー。真相は覆面作家だけが知っている。


何だかんだと折原作品、読むの10作目です。
で、何を思ったかというと、彼の叙述トリック結構飽きた(爆)。

彼の作品中に登場する主役の男は不運で不幸で、常に間が悪い奴が多く、それがホラーとしての恐怖を台無しにしている気がします。
内容紹介ではおどろおどろしい書き方がされているけれど、いやいやそんなに怖くありませんから(笑)。どちらかというとお笑い系?・・・とさえ思った読者がここに一人。

中盤あたりで表紙がネタバレっぽく感じたけれど、ぼんやり読んでいたのでトリックの解明がよく理解できなかったです。
ややこしいのか私がバカなのか、どちらかしらん。

覆面作家覆面作家
折原 一

講談社 1996-03
売り上げランキング : 467292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 桃鳥 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2007年06月03日

神のふたつの貌/貫井徳郎

出版社/著者からの内容紹介
教会に生まれた少年は、ただ一途に神の愛を求めた。だが、それは恐るべき悲劇をもたらすことに…。無垢な魂の彷徨を描いた渾身作


牧師とその息子を中心に、背景はキリスト教をあてがった悲劇とでもいうのでしょうか。神の愛を欲っするどころか両親の愛すら満足に与えられていない少年の独白が真に迫ってます。

ただ・・・ぶっちゃけ難しいーのよ、これ。キリスト教とか神とか副音とか内容濃すぎてついていけないなぁ・・・と読んだことを多少後悔しつつ、時系列のカラクリに思いっきり騙されて、そこだけ面白かったです。

神のふたつの貌神のふたつの貌
貫井 徳郎

文藝春秋 2001-09
売り上げランキング : 694586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 桃鳥 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。