2007年08月25日

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 其の参 揺らぎ

未プレイで原作のネタバレ回避しつつのアニメ版ネタバレ感想です。




以前、間宮リナが川の中で腹を裂かれて腸が飛び出た状態で発見されたシーンが今回繋がりました。あの死体が間宮リナだということはまだ劇中では確定されていないと思うのですが、腹付近の赤い星マークが同じなので彼女でしょう。
リナはどの世界でも殺される運命なんでしょうか。金持ってトンズラをやめない限りリナの死は繰り返しそう。

窮地に陥ったとき守ろうとしてくれる仲間がいる沙都子とは扱いが雲泥の差で、そこは悪人らしい顛末です。

詩音が起こそうとしていた鉄平殺しの惨劇1500秒って・・・一話丸々鉄平殺しを観ろと?(笑)
詩音は椅子で圭一を殴って流血させたというのにここの校長先生の余裕は一体何なのでしょうか。圭一と詩音の一連のやりとりを観てたならもっと早く出て来いよと言いたくなるのですが、詩音の頭を冷やさせるためにわざと登場のタイミングをずらしたとも考えられます。

しかし校内で傷害事件。
流血した圭一の親はこの出来事に騒がないし、校内でもスルーされているようだしこの呑気さは、そこが田舎でしかも昭和53年という時代だからなのでしょうか。
それとも圭一は親に頭の傷をこけて打ったとか説明してるのかなぁ。
どちらにしても現代なら考えられない周囲の反応です。

圭一の血を黙って拭うレナの仕草が夫の介抱をする貞淑な妻の図に見えました。そういう細かいところ、気付くのはレナらしいです。

沙都子を助けてと涙を流して梨花が訴えたことで圭一に惨劇が降りかからないか少し心配してます。


2007年08月19日

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 其の弐 運命の変え方

原作のネタバレ感想回避、兼未プレイ者の感想です。
以下、ネタバレ感想です。




悩みがある時は一人で抱え込まずに人に相談するというフレーズが今まで以上に強調されていました。レナと詩音はそれぞれ魅音に相談して危険回避できました。さりげなく魅音が姉御肌であることが窺える一幕でした。解で詩音が沙都子に優しい理由も納得です。

にしても言葉一つ、態度一つで人柄がコロリと変化してしまうのは思春期独特の精神の不安定さが原因なのでしょうか。大人が言葉一つで豹変するパターンは今までなかったと思うし、だから主役級が皆中学生そこそこの子供たちなのかなと思ったり。

入江と鷹野と富竹は東京と繋がりのある組織の人間だったことが明らかに。びっくりです。でもってなにやらかっちょいい。梨花を殺害しようという強い意思が作用しているそうなのでこちらの組織と合わせて二箇所、またはそれ以上の大組織が動いているということですか。御三家、特に園崎家の今までの怪しさはミスリードなのでしょうか。梨花殺害計画の周囲には園崎家を上回る権力が往来しているような気がしてきました。他の感想ブログ様が書かれてた考察とピッタリだ。

デフォルメ鷹野、いいですねー。初めてこの人を可愛いと思ったですよ。オヤシロ様信仰の勘違いをしている鷹野の後ろで「違うのですぅ〜」とジタバタしてる羽入も愛らしいですけど。

2007年08月17日

嫌われ松子の一生

内容(「Oricon」データベースより)
お姫様みたいに煌びやかで華やかな人生に憧れた一人の少女。しかし現実は、教師からソープ嬢、遂には殺人までも犯してしまった松子の壮絶な人生を描いた山田宗樹原作の同名小説を中島哲也監督が映像化した作品。中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介ほか豪華出演陣で贈る壮絶シンデレラストーリー。PG-12指定。


原作の小説では不幸な人生の松子を面白可笑しく、悲壮感なしに描かれていたけれども、劇場版はコミカルさがパワーアップしてた。そのせいか、松子(中谷美紀)が出所したての龍洋一(伊勢谷友介)に速攻殴られるシーンがコントに見えました。塀を出て数秒後ですよ。

松子の一生が時系列順に追いやすいように所々に時事ネタが挟まっているのは有難い配慮です。

がしかし、最後の壮大な景色(?)のシーンや死んだ松子が妹の所へ行くべく天国への階段を上るシーンは時間がなかったので早送り。観るときは時間に余裕がないと勿体ないね。

嫌われ松子の一生 通常版嫌われ松子の一生 通常版
中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介

アミューズソフトエンタテインメント 2006-11-17
売り上げランキング : 4757

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 桃鳥 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD

2007年08月13日

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 其の壱 迷路の法則

原作のネタバレ感想回避、兼未プレイ者の感想です。DVD特典の「うら☆ひぐ(仮)」はハガレンDVDの予告特典「ウラハガネ」の真似でしょうか。キャラ壊れまくるんですよねー。
以下、ネタバレ感想です。




Aパートで本作の世界観がほぼ開示されました。梨花が別世界の雛見沢を覚えているのは物心ついた時からではなく、前世界で死んだら記憶が過去にさかのぼるということでしょうか。
梨花と羽入は一心同体ですか。梨花は精神年齢が大人でも子供の肉体ではワイン酔わないのかな。アルコールで子供の身体を酷使していることに梨花の諦めを感じます。生き延びる希望があれば身体に悪いことしないっしょ。

回想シーンで前期の絵が出てきましたが、レナが学校内で魅音をメッタ打ちしている作画がギャグのように崩壊しまくってるので出さないほうが良かったのではと思いました。

100年に一度の奇蹟を圭一がまたもや起こそうとしています。
ゲームの賞品でもらった人形を前期ではレナに、今回は魅音にプレゼント。
以前は人形の授与が魅音を狂気にまで駆り立てていたんですね。一度は受け取りを辞退した魅音をフォローする圭一も思いやりがあるけど、人形を欲しそうにしてたレナも魅音の手に渡ることを快諾してて優しいですね。要は皆が少しの譲り譲られ精神の思いやりを持っていれば丸く収まるのではないでしょうかね。

圭一が変えてみせると豪語した運命が快方に向かえば良いのですが、何せサブタイトルが皆殺し編(汗)。

2007年08月08日

千年王子/長野まゆみ

内容(「MARC」データベースより)
ワールドツアー校の新学期。教官の人気ランキングの最下位は今年もシンヤ。ぼくらは彼を呼び捨てにする。気の迷いで彼のプログラムをヒットしたぼくは、そこでとんでもない目にあう。女が総人口の数%となった未来の物語。


圧倒的に女が少ない世界での少年同士のラブロマンス??
はっきり言ってあまり意味解りませんでした。

大人の童話的雰囲気なのですが、うーん、性に合わない。内容に興味が湧かないまま読了。
こういうふわふわ浮遊感のあるものより、メリハリの付いたミステリーの方が自分は好きらしいということがよくわかりました。

千年王子千年王子
長野 まゆみ

河出書房新社 2001-06
売り上げランキング : 248357

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 桃鳥 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2007年08月05日

ひぐらしのなく頃に解 厄醒し編 其の四 雛見沢大災害

原作ネタバレ感想を回避しつつの感想です。
以下、ネタバレ感想です。




梨花「大丈夫なのです。またすぐに会えるのです」
次の世界でね、ってことですね。
パラレルワールドとして同じ世界が同時に発生しているのではなく、梨花が新しい世界に出会う度に時間がずれつつ世界が増えているのでしょう(今さらですが)。生まれ変わるのではなく、発生しているのでしょうか。
梨花が新しい世界で、部活メンバーと初対面の度に自己紹介しないといけない気分ってどんなでしょう。虚しいのと嬉しい感情が入り混じりそうです。

梨花の遺体がわざわざ神社の前まで運ばれたという行為は神に捧げる生贄のように思えます。殺人という危険な行為にも関わらずご丁寧に全裸にしたことも、アクセサリーや衣類は神の前では不浄の物といった信仰心が感じられるのですが。大量の血液で身を清めて臓物を捧げてるのでしょうか。生贄が梨花でないといけない理由もありそうな予感。

教室内の大量中毒死なんかアウシュヴィッツ収容所みたいでイヤーな感じがしましたよ。教室内の大量中毒死なんかアウシュヴィッツ収容所みたいでイヤーな感じがしましたよ。
鬼ごっこゲームの生き残りがレナと園崎姉妹だったから、それにならって今回もレナは生きているかな〜。園崎姉妹の死はポーズで病院とつるんでるってことで。この子らの顔芸が素晴らしいのは第一期で証明済みだし。

それから大石刑事はあくまで刑事として生きてますね。
廃人相手にしゃべんなよ、証拠物件おもむろに出すなよ(笑)、胸倉掴んで怒鳴るなよ。酷いなー。
行方不明の熊谷刑事の捜索は後回し。沙都子の死を嘆いたところでこれは死を哀れんでいるのではないでしょう。一連の事件の捜査対象を失ったから嘆いてるんでしょ。ま、こういう人だということは解ってましたが。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。