2007年12月01日

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 其の八 48時間

原作のネタバレ感想回避、兼未プレイ者のネタバレ感想です。




雛見沢症候群の急性末期症状を引き起こすという猛毒H173の名称は雛見沢の「ヒナミ」から付けられたのでしょうか。皆殺し編で学校に村人が収集されて毒殺されるシーンがナチスドイツのガス室を彷彿とさせるように、H173という名称は旧日本軍の細菌部隊731を連想してしまうのですよ。
ナチスのユダヤ人強制収容所と731部隊、実験目的はどうあれ人道を大きく外れた残虐行為という点では遜色変わりないですし。考えすぎでしょうか・・・。

現場vsキャリア。
大高君は頭脳劣ってそうです。体なまってそうです。人格腐ってそうです。

圭一「夜明けの奇襲。男なら一度はやってみたいシュチュエーション」・・・別の意味も頭をよぎりました。要は夜這い。

ホテルの窓からたまたま横付けされていた車の屋根へジャンプした富竹はとても恰好良かったのですが、未来少年コナンみたいに足ビリビリビリ〜のギャグシーン入らねーかなぁーとぼんやり思ってしまってすいませんでした。

余談。
H173という耳かきがあるのです。正式名はP! H173 光る耳かき


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。