2008年06月30日

2008年春 アニメミニ感想

ここ3ヶ月観たものと諦めたもののアニメ感想です。

「マクロスFlontier」
OPが健全なアニソンって感じで懐かしさを覚えます。
早乙女アルトは天才女形で流し目王子と呼ばれている早乙女太一がモデルになっているんでしょうか。女性顔負けの妖艶さ、OPの流し目、10代半ば、美少年・・・と共通点が多いです。
名前が早乙女アルトでなくSuzukiアルト君なら良かったのになぁーといつも思います。
このアニメは主要人物の三角関係が健全で好きなんです。ランカとシェリルはアルトの事が好きだけど、だからといってギスギスせず、お互いがお互いの長所を認めているので見ていて気持ちいいです。
ピンチヒッター的存在だったランカがそろそろ主力になりそうで楽しみです。ランカ声の下手さは慣れました。

「コードギアス 反逆のルルーシュR2」
「土6」ブランドが消えてしまいました。「日5」って嫌がらせですか?
第一話、前シリーズとの関連が見出せず意味が解らなくてポカーン。頑張って次も観ましたが別作品を観ているよう。それでどうでもよくなりました。前よりキャラデザインの癖、ひどくなりました?


posted by 桃鳥 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ感想

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。