2008年10月27日

地獄少女 三鼎 #04兄貴

ターゲットかわいそー(笑)。

検事になると正義感振りかざして爽やか路線を突っ切っていた仁志田は実は怖がりさんだった、と。
イジメをしていた中学生には強く出ていたから、きっと自分より強そうな大人だとか武器がもれなく付いてくると怯えた子犬になっちゃうんですね。わかります、わかります(笑)。

自分を変えてくれた男だっただけに失望が大きかったんでしょうが、この世に存在してほしくないほど嫌悪感を抱くとは湯川猛は潔癖症なんでしょうか。

仁志田はひ弱な湯川をプロデュースしてそばに付けて盲信させ、「心身ともに出来た自分」を創り上げてたように見えました。信者とエセ教祖みたいな感じで。
周囲はそれを感じ取れるからもてないんじゃないのかなー。ただ単に暑苦しいからもてないだけかも知れないけど・・・。

私は仁志田がチキンハートな男だったことよりあのバスに乗り合わせた乗客が、ヤクザと餌食が降りた後、誰も通報しないほうが心苦しかったですよ。組まで連れて行かれるのに、自分達だけ安全確保できればそれでOKですか?

※ライブドアブログさん宛のTBが飛ばない状況が続いていますが、頂いたTBは拝読していますので〜。


2008年10月20日

地獄少女 三鼎 #03腐った果実

OPに出てくるクラゲみたいな笠のある生物と魚介類みたいな形の生物が気持ち悪いです。
自分的キモイ代表は胎児の変形したものです。それ以外のキモ物はわりと耐性があるのですが人間の形を成す前の生物の変形変異、腐敗、バラバラ、全部ダメ。

ゆずきが変異するシーンでも胎児みたいなのが出てきますが、胎児が一時、魚やトカゲに似ているのと関連付けてあるのでしょうか。OPにトカゲも居ますし・・・。

第三話についてはいたって普通かな。
百田昌子はマジメに歌下手。事務所の人、誰も指摘しなかったのか疑問。
歌が下手でデビューは無理だと警告したジュンは正しいと思います。門前払いすることがジュンなりの優しさだったんでしょう。でも昔苛められてた人間にそう言われた昌子の心理を察知できると良かったんですがね。

ジュンは昔の過ちを他人にばらされる前にコンサートで自ら告白ときましたか。スキャンダルもステップアップの土台にしてしまうとは賢いですね。ジュンの要領のよさも成功につながっているんだと思います。

過去の悪行がどんな内容か、生で見ていないファンにとったらリアリティないし今のジュンが全てなんでしょう。ぶっちゃけ、盲目的なファンはトラブルが自分の身に降りかからない限りファンでいると思いますよ。某人の羊水腐る発言でファンが「くーちゃんは悪くないもん」 と掲示板に書いてたの思い出しましたが、そんなレベルだと思うな。

ジュンの先手必勝のやり方が逆に昌子の怨みを突き動かしたわけで流されました。
もうしゃーないわ、それ、人の怨みは早々に変えられん、と思ったです。

サインはした面が裏、って話は誰かがテレビでしてました。
それから高級ホテルでの会食。大皿に盛られた料理には取り箸使いましょうよ。直箸(じかばし)突っ込んでましたよ。

※ライブドアブログさん宛のTBが飛ばない状況が続いていますが、頂いたTBは拝読していますので〜。
posted by 桃鳥 at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(2) | 地獄少女 三鼎【終】

2008年10月13日

地獄少女 三鼎 #02籠ノ鳥

家庭内暴力かぁ・・・。夫婦間のことは場合によっては民事不介入で警察も立ち入れないし、家庭問題とか夫婦の揉め事って壁の中のことだから微妙で繊細なんですよね。
今回は大人の事情に子供が首突っ込んで安定した関係をかき回したという感じです。

DVを受けていた女性は旦那の過剰な愛情表現に耐えて生活の基盤を護らないといけないという現実的な危機感があったかも知れないけど、愛されてると感じることで精神的バランスを取ってたとも取れます。

旦那が流されたら現実的にこの嫁さん食べていけないなーと思ったのが一番の心配事だったんですが、どこへ消えたのか。見るからに手に職なさそうだし実家かな。

依頼人の北山明は山岡宅の表札を見てターゲットの名前を調べましたが、これってすごく危険じゃない?
実はお祖父さんが存命で、地獄に流した「山本誠次」はお祖父さんのほうでした、というオチになるのかとドキドキしながら観てました。
名前と顔が一致してないと無効になるんだっけかな。

※ライブドアブログさんのほうへTBが飛びませんのでどうかどうかご了承下さいませ。
posted by 桃鳥 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(2) | 地獄少女 三鼎【終】

2008年10月08日

流星の絆/東野圭吾

内容紹介
全ての東野作品を凌ぐ現代エンタメ最高峰!
殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った功一、泰輔、静奈の兄妹。
十四年後、泰輔が事件当日目撃した男に、功一が仕掛ける復讐計画。
誤算は、静奈の恋心だった。


久しぶりに東野作品読みました。
『百夜行』が私の中ではナンバー1なのでそれを超えるほどではなかったし、兄弟たちが偽の証拠をでっち上げるために築いたトリックも『百夜行』よりはヌルいとは思いました。
でも、最後の恒例どんでん返しが歴代作品はとちょっと違った。東野作品に慣れてくるとどんでん返しが読めるようになってくるのですが、今回は「あー、おまえー」って。先が読めない面白さを久しぶりに味わいました。

今までは刑事は刑事、犯人は犯人の領域があって安心して読んでたのに本作は違う。うーん、今までにないオチにずーんと重くなって最初の方また読み返したらちゃんと伏線ありました。

兄弟が偽名を使って草薙刑事と加賀刑事に変装。
草薙はガリレオシリーズの住人で、加賀は加賀刑事シリーズ、と別ワールドの登場人物の名前を使ってるんですよね。小ネタ探しも面白いです。

流星の絆流星の絆
東野 圭吾

講談社 2008-03-05
売り上げランキング : 77

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 桃鳥 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍

2008年10月05日

地獄少女 三鼎 #01奪われた少女

アニメオリジナルの三鼎始まりました。
全何クールなんでしょ。2クール持つのか心配。

三鼎のコンセプトは菊と彼岸花と蝶なんですかね。菊と彼岸花は何となくわかりますが蝶は意味不明だったので調べてみたら「蝶は死者の生まれ変わり」という情報に行き当たりました。奄美の言い伝えだそうですが、情報源が不確かなので正確さは微妙なんですが。

ただ御影ゆずきの背中から蝶の羽根が生えたと同時に消えたはずの閻魔あいが実体化(?)したので、この言い伝えがベースになってることは有力だと思います。

依頼人は前髪がモード系の平石逸子で、ターゲットが経験なさそな丹下先生(笑)。放っといたれや!って、ちょっと思った(笑)。そんで抱きつくときは相手の顔を確認してからにしましょうよ。

最近何かと耳にする「訴えてやる」というセリフ。訴訟を起こすには多額の費用がかかるわけで、聞けば聞くほど「覚えとけよー」 とか「関係ねーだろー」並みに意味のない言葉に思えてきます。

丹下先生は高校受験で不安いっぱいの生徒の気持ちを汲み取れなかったのね。厳しくすることが生徒のためと、冷徹に徹したんでしょうけど生徒との温度差に気付かなかった先生鈍感すぎです。
この先生、不器用なんだと思う。仕事以外でも生きていく上で結構損してると思うな。特に人間関係。前シリーズの女教師馬場を思い出す・・・。
厳しくするのは結構ですが、その後のフォローがないと愛は感じられませんよ。
丹下先生のメモ帳、そんなことだろうと思ったよ。

※TBが飛ばないとこがありますので、反応ない場合はご容赦くださいませ。もちろん拝見はさせていただきます。

2008年夏 ドラマミニ感想

最近観たドラマ、全件感想いきます。

国内ドラマ
「モンスターペアレント」
最近ではモンスターチルドレンの出現も取りざたされるようになってきましたが大丈夫なんですかね、学校。早く弁護士配置したほうがいいと思う。

「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」
藤川(浅利陽介)とお母さんの話に泣きました。「フライトドクター辞めろ」と言われた息子を救うためにお母さんが女子高生の筆跡で「藤川先生はいい先生だと思います。女子高生より」と病院に投書したシーンでじわっと来ました。
逆に藍沢(山下智久)と養母の話は全然泣けなかった。養母が認知症で藍沢のことが認識できなくても「ふーん」て。この差は何??

「魔王」
つっこむために五輪の時期以外は観ました。
成瀬(大野智)は弁護士なのに仕事してるシーンほとんどなーし。いつも街を徘徊して、ばったり芹沢刑事(生田斗真)に出くわしては「こんにちは。また会いましたね」って繰り返してました。ボケ老人みたくあれだけ徘徊してれば、そりゃ会うよ。


海外ドラマ
「HEROES」
クレアが青山テルマに似てると思い始めたら止まりません。

「デスパレートの妻たち seazon2」
放映時間がどんどん遅くなる。NHKさん、頼むから昔のように0時台に放送して。

「レスキュー・ミー 〜NYの英雄たち」
主人公、落ちるとこまで落ちてどうなるか気になるんだけど、一ヶ月くらい放送ないし、再開したかと思えばまた休止だし。

「the O.C」
ヒロインのレズ話、ようやく型が付いてノーマルに戻りました。恋人同士が別れると片方が実家に戻るだの、旅に出るだの、留学するだのとなんやかんやで登板終了してて「都合がエエのう」と思う日々です。

「Re:Genesisリ・ジェネシス」
バイオサスペンスってとこかしらん。バイオテロや伝染病、行き過ぎた遺伝仕組み換えを調査解明する話らしいけど、ミクロの世界は小難しいっす。いつもよそ見しながら観てるので呑み込めないときのほうが多いかも。始まって間もないですが視聴脱落第一候補ですわ。
posted by 桃鳥 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ感想

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。