2008年12月28日

地獄少女 三鼎 #13六文燈籠

サバサバしてて結構好きだった秋恵が・・・。結構ハードだ。

保身のために事件の真実を揉み消した高杉署長。娘が強姦未遂の被害に遭っても真山梓を逮捕しなかったのは、真山・父の事件の真実を隠し続けるためだったのでしょうか。それとも、強姦未遂とはいえ大ごとにすれば被害者が特定されるかも知れないし秋恵を世間の好奇の目に晒すことを避けるために梓を放置したのかも知れません。
真山梓を逮捕しないことが仇となったようです。逮捕したところで、いつかは高杉署長か秋恵を狙うでしょうけど。

同じ父子家庭でもお金持ちで家政婦付きのいい暮らしして幸せな秋恵と、カビの生えた貧乏アパートで独り寝たきりの父を介護している苦労人の真山梓。これでもかというくらい正反対の描写が素晴らしい。職業差別ではありませんが、警察署長とタクシー運転手では月給も雲泥の差だと思います。世の中の不平等を感じずには居られませんが、地獄流しは相手を選ばないという意味で皮肉にも平等なんですよね。

ゆずきは地獄流しを反対していましたが、目の前で理不尽に親友を消されてもなお依頼者たちを純粋な気持ちで止められるか、ということが今後のテーマになるのでしょうか。

あい「後はあなたが決めること」
ゆずきに何を決断させるのかさっぱりですが、次期地獄少女になれば地獄から一人救える条件付きなのかしらん、とか思ってみたり。
12/29追記:いや違う。親友を不条理に流されても地獄流しを否定できるかゆずき自身が決めるということか。

※ライブドアブログさん宛のTBが飛ばない状況が続いていますが、頂いたTBはきちんと拝読しています。


posted by 桃鳥 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(5) | 地獄少女 三鼎【終】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


地獄少女 三鼎 第13話 「六文燈籠」
Excerpt: 六文灯籠とともに開いた地獄への入口。 あいが、ゆずきより分離して完全復活を遂げる…。 1クール目ラストとなるエピソード。 三鼎の本編...
Weblog: SERA@らくblog 3.0
Tracked: 2008-12-29 00:01

地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第13話「六文灯籠」
Excerpt: 自分の中に地獄少女がいる事を悩んでいる御景ゆずき。高杉秋穂はかなり俗物な少女ですが、大切な親友だけあって結構支えになっているようです。でも、この娘もそのうちに地獄流ししそうで怖いんだけどなぁ。賽河原市..
Weblog: 無限回廊幻想記譚
Tracked: 2008-12-29 07:09

地獄少女三鼎 第13話「六文燈籠」
Excerpt: 夕方5時から放送なんてとっくにどっかに吹っ飛んじゃってる地獄少女3期。 今回も衝撃シーンが目白押しです。 ゆずきの住む町が地獄に一番近い場所だったなんて… 親友の秋恵にも話すことが出来ないゆ..
Weblog: のらりんクロッキー
Tracked: 2008-12-29 16:37

地獄少女 三鼎 第十三話 六文燈籠
Excerpt: 地獄少女 三鼎 第十三話 六文燈籠 かなりの鬱展開。流石は金巻脚本。 初登場時の...
Weblog: Time of bliss - ゲーム音楽・関連イベントの記録
Tracked: 2009-01-03 00:18

衝撃を超えた結末!このアニメを見始めてから最強クラスのトラウマ話になりますわ〜(ToT) 地獄少女三鼎第13話『六文燈籠』
Excerpt:  今回は、夏のお盆って感じかな??  この町に伝わる伝統行事『六文燈籠』が行われようとしていた。  輪入道の説明では……賽河原市は≪地...
Weblog: シュージローのマイルーム2号店
Tracked: 2009-01-16 00:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。