2009年01月14日

地獄少女 三鼎 #14怨みの街角

お清めのシーンとか輪入道の火車とか懐かしいです。
あいはパソコンの位置が少しでもずれているのが気になったようで「A型?」とか思ったし。仕事をする上で、仕事道具がいつも通りでないと落ち着かないんでしょう。真面目なあいの一面も伺えます。

で、お仕置きシーン。
いつかでっかい顔で東京を闊歩してやると豪語していた青年が、違う意味ででっかい顔になって東京を闊歩しているあいに踏みつけられました。大笑いです。こういうバカっぽいセンスが好きになってきました。

※ライブドアブログさん宛のTBが飛ばない状況が続いていますが、頂いたTBはきちんと拝読しています。


posted by 桃鳥 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 地獄少女 三鼎【終】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


地獄少女第3期第2幕の開演!ゆずきの新たな地獄がついに始まってしまったのだった。 地獄少女三鼎第14話『怨みの街角』
Excerpt:  前話のラストに出てきた少女は、今回の依頼人で同じ学校の優等生・柏木秀美だった。  同時に、ゆずきは……あいから分離されたものの、地...
Weblog: シュージローのマイルーム2号店
Tracked: 2009-01-24 17:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。