2009年01月17日

2008年秋 ドラマミニ感想

ここ3ヶ月観たものの感想です。

国内ドラマ
「流星の絆」
原作は重くて暗いのにクドカンの手にかかれば魔法がかかったように色が付きました。よくもあれだけ面白い脚色になったもんだと感心です。

「チーム・バチスタの栄光」
これも原作より凝ってて楽しめました。が、最終回、観るの忘れたぴょーん。
お笑い芸人の宮川大輔という人が意外にも役にはまってて良かったです。

海外ドラマ
「HEROES」
第一シーズンの最終話、兄弟愛に思わず泣けました。こんな泣ける系のドラマだっけ(笑)。
毎回、映画並みの出来栄えですごいと思います。

「LOST 3」
第三シーズンは騙し騙され血生臭いです。
たくさんの人が死にます。年末年始の忙しい時期に怒涛の連続連夜一挙放送でこっちも死にそうでした。

「THE O.C 2」
4期にちゃんと終わるようなので安心して最後まで観れそうです。
アンナ役のサミーア・アームストロングが東京生まれで少しだけ東京育ちらしいので注目しています。

「ビバリーヒルズ高校白書(再)」
昔、NHKで放映されていましたが地方局でやってるのを見つけてしまいました。懐かしいのでたまに観てます。スコットがまだ生きているかなり初期の話です。
スコットは銃の暴発で死亡することが当時話題になってましたが、NHKの本放送で見逃し再放送でも見逃し・・・今度は観るぞ、っと。


posted by 桃鳥 at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。