2009年01月18日

地獄少女 三鼎 #15兎と亀

初め依頼人の篠原うさぎは知恵遅れの子かと思った。両親が将来の進路で介護の話を持ち出したとき、てっきり介護されるほうの事かと・・・。

うさぎの取り巻き友人はのろまのうさぎの側にいることで優越感を味わってたのですね。そういう嫌らしい感情さえなければ皆十分魅力的だとは思うんですが。

ゆずきは地獄通信を阻止するため初対面の相手にも勇気を出して話しかけたりして涙ぐましい努力をしているので応援したくなります。でも今回はうさぎが地獄通信の存在を知らなかったので、皮肉にも教えた形になってしまいました。阻止計画、一歩前進してはすぐに後退してるような足踏み状態ですがいつかつぐみの助言を借りて脱却するのでしょう。

※ライブドアブログさん宛のTBが飛ばない状況が続いていますが、頂いたTBはきちんと拝読しています。


posted by 桃鳥 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 地獄少女 三鼎【終】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


釘宮理恵に逆らう者は死あるのみなんですか!?【待て、コラ!!!】 地獄少女三鼎第15話『兎と亀』
Excerpt:  前話の地獄少女あい出陣シーンは、あれが本来の出陣シーン みたいでして、前半のやつは特殊だったそうでしたね(≧▽≦)  第3期組スタート...
Weblog: シュージローのマイルーム2号店
Tracked: 2009-02-20 14:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。