2009年01月26日

地獄少女 三鼎 #16誘惑の罠

中島と宮嶋。同じ話の中によく似た名前が出てくるとややこしいです。

名和が地獄流し済みの刺青を少女につっこまれている場面を宮嶋が無表情に眺めてるシーンで意図的に近づいたなと思いました。

あいは糸を解いた依頼人の未来をゆずきに見せました。どんなにゆずきが努力しても運命は変えられないのでしょうか。死が確定された人間はいくら回避してもすぐに軌道修正して死に向かうというストーリーのホラー・サスペンス映画『ファイナル・デスティネーション』とか米国ドラマの『LOST3』を彷彿させます。

※ライブドアブログさん宛のTBが飛ばない状況が続いていますが、頂いたTBはきちんと拝読しています。


posted by 桃鳥 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 地獄少女 三鼎【終】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


名和と中島は『同じロ○○ン』を言うが、どう見てもタイプすら違いすぎるのは明らかなんですが!!!! 地獄少女三鼎第16話『誘惑の罠』
Excerpt:  ある日の夕方、1人の幼女がケンケンパをしていた。  普通だったら、単なる子供の純粋な遊びですむが……現代では、カメラ目線次第で不審...
Weblog: シュージローのマイルーム2号店
Tracked: 2009-02-20 14:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。