2009年02月22日

地獄少女 三鼎 #20地獄博士 対 地獄少女

後半は溝呂木博士の独演。ほとんど聞き流したので何を言ってるのかわかりませんでした。何であんな高い場所まで自分とつぐみを吊り上げないといけないのか、さっぱりです。

つぐみの憂いた雰囲気と意味深な発言から何やら罪を背負っているように見て取れます。

つぐみのせいで柴田一が地獄に流されたと思えるような発言をしている事と、次期地獄少女だったのに現状そうではない事を考えると、地獄少女にならなかった対価として柴田一が地獄に行ったのではないかと思いました。それが自動的なのか自ら望んでなのかわかりませんが。

今回の「いっぺん死んでみる?」には平常心ではない感情が含まれてるし、理不尽な地獄流しは平気でないことを吐露してるし、あいのあばあちゃんが復活しても歓迎モードでないし、つぐみは本格的な登場だしいよいよクライマックスかな。

※ライブドアブログさん宛のTBが飛ばない状況が続いていますが、頂いたTBはきちんと拝読しています。


posted by 桃鳥 at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 地獄少女 三鼎【終】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


オールスターまではいかないが、主な面々が一堂に集結しちゃいました。 地獄少女第20話『地獄博士 対 地獄少女』
Excerpt:  最近、地獄通信に『柴田つぐみ』の名を、書いては消してる者がいるそうな。  ゆずきは何らかの原因で気絶しちゃったみたいで、保健室で目...
Weblog: シュージローのマイルーム2号店
Tracked: 2009-03-07 11:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。