2009年03月08日

地獄少女 三鼎 #22華と月

ゲスト参加は加藤夏季ちゃんでしたね。最後のEDで知りました。カメラマンの声が素人っぽくてインパクトあるなと思ったらキャストの名前もインパクトありました。長島☆自演乙☆雄一郎、調べたらテレビで観たことある人でした。確かに閻魔あいのコスしてました。

加藤夏季と長島☆自演乙☆雄一郎アフレコインタビュー

内容のほうは美園純香(姉)と結香(妹)のすり替えもの。以前、古畑任三郎でこういうのありました。松嶋菜々子が双子の女流作家と影の役してました。

どっちが流されたのかよく判らないというオチではありますが、考えればちゃんと判るんですよね。

最後のろうそくの名前の肝心な部分が読み取れなくなってるし、残った側の腰の痣の有無が判別できない、というニクい演出ではありますが、ろうそくの名前の読めない部分は「純」、腰の痣はドレスで隠れているだけで本当はあるのだと思います。
流したのがおとなしかった純香で、「夢を追いかけちゃダメなのー?」と流されてたのが結香でしょう。

雅人は姉ではダメだったんですね。結香になりきれば選んでもらえると思ったんでしょうけど効果はなく、手立てがなくなったので地獄流しを最後の手段としたようです。らしさを失った時点で純香の負けだったと思います。

今回は推理もののようで面白かったです。

※ライブドアブログさん宛のTBが飛ばない状況が続いていますが、頂いたTBはきちんと拝読しています。


posted by 桃鳥 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 地獄少女 三鼎【終】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


久しぶりの地獄コントはあったが、わずか数秒で終了。 地獄少女三鼎第22話『華と月』
Excerpt:  今日は、ゆずきらの三者面談の日。  そらは『女優』、望が『マスコミ関係』、珠代が『パティシエ』などなど、すでに自分の将来の夢を考え...
Weblog: シュージローのマイルーム2号店
Tracked: 2009-03-22 12:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。