2006年01月28日

ラッシュライフ/伊坂幸太郎

内容(「MARC」データベースより)
歩き出したバラバラ死体、解体された神様、鉢合わせの泥棒-。無関係に思えた五つの物語が、最後の最後で一つの騙し絵に収録する。これぞミステリー!


正直、5つの別ストーリーを追っていくのがしんどかった。
最終的に繋がってて「あぁ、そうか」と思いはするけど、泣いて喜ぶほどの感動は無かったです。だからといって酷くもなく、ほんわかした結末の本でした。ややこしくてあらすじ書けない・・・。

「死体が自らバラバラになって、いつの間にかくっついて、またバラバラになって」とか「あの人が神かどうか調べるために身体を解体する」とか、ついていけない・・・。

時間軸のはめ方や話の流れなど全体の構成はさすがに力量あるなぁと感心はしたんですけどね。

ラッシュライフラッシュライフ
伊坂 幸太郎

新潮社 2002-07
売り上げランキング : 48,867

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(4) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


(書評)ラッシュライフ
Excerpt: 著者:伊坂幸太郎 泥棒を生業とする黒澤、憧れの神を「解体」しようと誘われた河原崎
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-01-29 04:42

ラッシュライフ/伊坂幸太郎
Excerpt: ラッシュライフ/伊坂幸太郎 バラバラに進む五つの物語が最後に全て繋がリます。 以下ネタばれに注意してください。
Weblog: 仮想本棚&電脳日記
Tracked: 2006-03-10 20:44

ラッシュライフ 伊坂幸太郎
Excerpt: ラッシュライフ ■やぎっちょ書評 久しぶりの伊坂さん。いや〜〜〜〜〜見事でした!! ストーリーが5つに分かれてそれぞれが進む形のお話なので、最初混乱しましたが、中盤で慣れてくる。で、終盤に至って..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-10-21 18:01

ラッシュライフ 伊坂幸太郎
Excerpt: 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。 女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。 職を失い家族...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-02-10 05:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。