2009年10月01日

2009年夏 ドラマミニ感想

とてもしばらくです。

国内ドラマ
「となりの芝生」
橋田ドラマまともに観ちゃった。どいつもこいつもアカンタレでもう観るたびに腹が立つのに続きを観てしまう嫁姑ドラマでした。姑(泉ピン子)はいびり三昧で、嫁(瀬戸朝香)は良く我慢してるなーとは思うけど少しお金の節約術を知らない気がする。だから姑の気持ちも少しわかる。夫はくだらないプライドだけはいっちょまえの能無し。一家の中でまとものが子供だけってどうよ。特に長女は状況理解に長けてて利口な子で家のごたごたをさぞかし苦しんだでしょう。総括、こんな旦那今どき通用しません。

「ブザー・ビート」
知り合いの進めで途中から観て、最終回を見逃し、どうしようもない気分。


海外ドラマ
「ER」
シリーズのどこまできてるのかわからず観てましたが本国のほうではもう終了したのかな。初期メンバーが去って一抹の寂しさを感じながら、終了までを一話一話噛みしめながら視聴。毎度ながらすごい状況でシーズン区切るのな。

「BONES」
半ミイラとかウジとか観ても平気な自分がいます。


posted by 桃鳥 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。