2006年02月09日

蟲師 #14籠のなか

相変わらず閉鎖的な話が多いな。

キスケの妹はかつてセツと一緒に遊んだ仲なのに、今やキスケの娘を「それ」呼ばわり。
キスケが竹林にいた年月が長かったことが窺い知れます。

里の人間がセツを白眼視してるのは、世の中異質な人間や少数派は排除する傾向にあるのと同じ感覚ですかね。

筍は産道からでも地面からでもOKなん?


posted by 桃鳥 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(3) | 蟲師【終】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


蟲師 第14話「籠の中」
Excerpt: すごーい! って思わず口走っちゃったよ!保村真さんじゃん!キスケ!!わー、ぱちぱちぱちぱち!! ☆今日のお話☆ギンコは3年も竹林から出ることができないでいる男と出会う。その男キスケは妻のセツと子ど..
Weblog:  はちみつ水。
Tracked: 2006-02-09 23:46

蟲師第14話「籠のなか」
Excerpt: 前回に続いて悲しい話ですが、不思議な希望の芽が残されているためか、実に変わった手触りが感じられます。マガリダケが人を身ごもらせる仕組みについては驚くほど何も語っていない。そのことは別にかまわないし、そ..
Weblog: 蜂列車待機所日記
Tracked: 2006-02-11 15:57

蟲師 第14話「籠のなか」
Excerpt: さすがにクオリティ高いですね。 どの画像をアップしようか迷います。 ・・・というか、絞りきれずにちょと多めになっちゃいました(^^;       今回も悲しいお話。 ただ、最後は少し..
Weblog: のら雑記
Tracked: 2006-02-12 17:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。