2006年02月11日

重力ピエロ/伊坂幸太郎

Amazon.co.jpより
半分しか血のつながりがない「私」と、弟の「春」。春は、私の母親がレイプされたときに身ごもった子である。ある日、出生前診断などの遺伝子技術を扱う私の勤め先が、何者かに放火される。町のあちこちに描かれた落書き消しを専門に請け負っている春は、現場近くに、スプレーによるグラフィティーアートが残されていることに気づく。連続放火事件と謎の落書き、レイプという憎むべき犯罪を肯定しなければ、自分が存在しない、という矛盾を抱えた春の危うさは、やがて交錯し…。


微妙だ。
確かに面白いはずなんだけど・・・。全編通して半分程度しかこの本の面白みが見出せない・・・。
後半過ぎた謎解きあたりから一気に読めましたけど。

一見暗そうなテーマでここまで軽快に描かれてると清々しいです。
この家族の前向きな考えや兄弟の会話なんかものすごく魅力的でしたよ。
あと、春の行動原理が面白い。美形でよかったねぇ。

遺伝子記号はほとんど斜め読み。
登場人物が少ないから春の実の父親(強姦魔)が誰かは、すぐわかってしまうんだよなぁ・・・。

重力ピエロ重力ピエロ
伊坂 幸太郎

新潮社 2003-04
売り上げランキング : 5,412

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(3) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


『重力ピエロ』読了/このミステリーは面白いのか!?
Excerpt: 『重力ピエロ』 伊坂幸太郎著 新潮出版:¥1,500(税別) 帯には “伊坂幸太郎の名を読書界に知らしめた記念碑的作品” とある。「このミス2004」の第3位にも入選しており..
Weblog: 早稲田MBAで さようなる
Tracked: 2006-02-12 18:42

伊坂幸太郎【重力ピエロ】
Excerpt: 仙台の某書店で伊坂幸太郎氏を見かけたことがある。 私は文庫本を物色しながら、ちらりと隣の客を見て、「どこかで見たような顔」と思ったけど、そのときは思い出せなくて。 あとから思い出した。..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-05-07 08:52

感想/重力ピエロ(単行本)
Excerpt: 僕(泉水)と弟(春)の決意の物語。町に放火事件が起きた。弟が犯人を追い、僕が弟を追ううちに、意外な真相が浮かび上がる。そこには僕たちが清算すべき過去があった。重いテーマを軽いジョークのように綴った文体..
Weblog: APRIL FOOLS
Tracked: 2006-11-24 02:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。