2006年03月02日

リアルワールド/桐野夏生

内容(「BOOK」データベースより)
高校三年の夏休み、隣家の少年が母親を撲殺して逃走。ホリニンナこと山中十四子は、携帯電話を通して、逃げる少年ミミズとつながる。そしてテラウチ、ユウザン、キラリン、同じ高校にかよう4人の少女たちが、ミミズの逃亡に関わることに。遊び半分ではじまった冒険が、取り返しのつかない結末を迎える。登場人物それぞれの視点から語られる圧倒的にリアルな現実。高校生の心の闇を抉る長編問題作。


母親殺しの少年の逃走に女子高生4人が巻き込まれるというよりは、彼女らが逃走を幇助してました。1人だけ巻き込まれた形になってるけど。

一線を越えてしまった少年に対して興味本位で関わってしまうこと自体は、あまり共感できないけれど女子校生4人の微妙な友達関係は確かにリアルです。本作同様、現実世界でも自分で分析した自分と友達が分析した自分って誤差があると思うし、そういう意味でも「リアルワールド」です。
でも友達関係を分析しつつ付き合うのは神経とがるなぁ。

ソフトカバーの表紙、心臓と十字架と天使。どういうコンセプトだ?

リアルワールドリアルワールド
桐野 夏生

集英社 2003-02
売り上げランキング : 156,084

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(3) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


読書の日々
Excerpt: 今日読んだ本、今日思い出した本。今日の一冊について、書いてください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-03-11 15:50

リアルワールド/桐野夏生
Excerpt: ホリニンナこと山中十四子は夏休みのある日、近所で何かが割れたような音を聴く。 音の正体は隣人のミミズが母親を殴り殺した時のものだった。 逃亡するミミズに興味を持ってしまった..
Weblog: ホトケの読了book  南無阿弥陀仏
Tracked: 2006-03-18 19:35

『リアルワールド』 桐野夏生
Excerpt: 表の顔と裏の顔を、巧みに使い分ける女子高生たち。 仲良しグループに属しながらも、その友達にも、 秘密なことがあることに、優越感を感じる年頃。 どこかに属さなければ居られないのに、 自分はど..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2007-04-12 19:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。