2006年03月19日

交響詩篇エウレカセブン #47アクペリエンス・4

アネモネは泣いている。
The ENDも泣いている。
あの涙でアネモネの気持ちとリンクしてThe ENDが何かやらかしてくれないかなー。
ガリバーもまだ役目を果たしてませんね(役目あるの?)。

「いつかアネモネも解ってくれる」という前話のドミニクの言葉はちょっと引っ掛かる。いつ死ぬかわからない軍人に「いつか」は不毛に等しいと思うのです。「若いな」と返したユルゲンス艦長に比べるとドミニクの「いつか」発言はエリート士官ながら経験の無さが如実に表れてると思いますよ。

若いから出来ることを期待したいところだけど、レントンとエウレカの仲が成功例ならドミニクとアネモネはコミュニケーションに失敗した対極例になりそう・・・。

スカブコーラルの中心を具現化すると、図書館というより本の街。個人の情報を共有、嘘偽りなく何もかも詰まってる、いわゆる真理ですね。
図書館の人々は絶望病患者らで、意識だけ指令クラスターに留まってて、肉体は生まれた星にあるってことかな。
じゃあダイアンとアドロックの肉体はどこですか、となるんだけど。

【追記】
第25話「ワールズ・エンド・ガーデン」でウィルが「(絶望病は)本人じゃなく周りの人達が絶望するからそう呼ばれてるのさ」という言葉通り、絶望病という病名が偏見で勝手に付けられていることと、司令クラスター内の人々が自分の意思で精神を留めていることとの双方が何となくしっくりくるかな。


スカブコーラルは誕生してから自我を持って学習していく過程が人間と同じですね。
ただ、仲良くしようよーという意思表現がデカイ堤防みたいなのだったら誰でもびびる。そこをまた学習して人型コーラリアンを送り込むことを覚えたんでしょうけど。

オラトリオNo.8のセッティングに2日のロスを得ていることをアゲハ隊は「2日くらいの遅れは何でもない」と前話でタカをくくってましたが、この2日遅れが彼らにとって仇になるといい
この記事へのコメント
 エリートって、数少ない経験を的確に自らの力量とできる人種です。だから若くして人に先立つことができる。
 もっとも、ドミニク君は「無能なだけならまだ可愛げもあるが、造反するとはな」と評された程度ですからエリート然とした、ただし、愛すべきぼんくらであると思われます。。
Posted by 通りすがり at 2006年03月23日 23:46
>通りすがりさん
ドミニクとユルゲンスは年齢も軍のポジションも違いますし、彼に現場経験が少ないのは当然ですね。
士官学校で学んだ頭脳を生かしてる場面が見られないのは残念ですが・・・。

現在デューイが起こしてる事態は前例のないことですし、ドミニクの「いつか」は私情入りまくりの希望的観測なんでしょうね。

いまいち冴えないドミニクの姿が連発ですが、他所様の感想を拝見してもドミニクを見捨てる人がいないのが面白い傾向です。
Posted by 桃鳥 at 2006年03月25日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15103687

交響詩篇エウレカセブン 第47話
Excerpt: 今週のスポンサークレジットは後ろ姿のダイアンと泣いているアネモネ&ジ・エンドでした。 CMで流れていましたが交響詩篇エウレカセブン COMPLETE BEST発売みたいですね。 まぁSEE..
Weblog: たつのりに大切なこと
Tracked: 2006-03-19 23:44

エウレカセブン 第47話
Excerpt: 「アクペリエンス・4」お姉ちゃんと再会したら、そりゃあ走って駆け寄っちゃうよな。お姉ちゃんは司令クラスターのスポークスマンってところ?いよいよ最終決戦に向けて、謎が解けてきた。んーなんとなくわかったこ..
Weblog: くろまるブログ
Tracked: 2006-03-19 23:58

交響詩篇エウレカセブン第47話「アクペリエンス・4」
Excerpt: ついにダイアンお姉ちゃんと再会! しかも、あの人まで出てきます。 ついに明かされる真実。 そして、進みつつあるデューイの野望。 残り4話、さぁどうなる? 【ここから先はネタ??
Weblog: CHEZ MOKANA
Tracked: 2006-03-20 00:02

交響詩篇エウレカセブン 第47話「アクペリエンス・4」
Excerpt: 先週見逃したから話にまったく付いていけなかった・・・。 エウレカからは羽生えちゃってるし、いつのまにかダイアンまで登場しちゃってるし。 まぁ、面白いことには変わりないんですけどね。 交響詩篇エウ..
Weblog: ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜
Tracked: 2006-03-20 00:11

交響詩篇エウレカセブン 第47話 「アクペリエンス・4」 感想
Excerpt: ダイアン&アドロックが登場して、スカブコーラルのことについての語りがメインでした。
Weblog: ☆今日の雑色雑記★
Tracked: 2006-03-20 00:30

エウレカセブン 第47話 「アクペリエンス・4」
Excerpt: 交響詩篇エウレカセブン第47話 絵も復活してきたし、キレイに回収していると思うし、いよいよと言う感じでグイグイ盛り上がってまいりましたよ。 知識を皆で共有すると言う事はシステムとしては万全..
Weblog: Kimiteru's Blog
Tracked: 2006-03-20 00:58

アクペリエンス・4
Excerpt: 提供の絵はダイアンとアネモネ&ジ・エンド。 アネモネの方は涙を流している絵でした。 話の内容と次回予告を見た後だとなんとも言えないです…。 ああもう本気でアネモネが心配でな
Weblog: スカイフィッシュ
Tracked: 2006-03-20 01:15

交響詩篇エウレカセブン第四十七話 アクペリエンス・4
Excerpt:  この物語のテーマがコミュニケーションにあったのだと改めて確信したはいいけれど、数多くの謎が明かされないままに進んでしまった今回。琥珀の指輪の秘密とか、王の資質とか。残り
Weblog: ToyandDiary
Tracked: 2006-03-20 01:51

交響詩篇エウレカセブン第47話『アクペリエンス・4』感想☆
Excerpt:  お姉ちゃんの前では、やっぱり鼻垂れレントンでした(笑)。  ダイアンとアドロックに会えて良かったね、レントン(^^*)☆ □あれは絶望病の患者達か?〜司令クラスターに居る人々〜  皆本を読んでま..
Weblog: 『ラスト・ワールド』(奥の寄り道☆)
Tracked: 2006-03-20 02:14

TBS「交響詩篇エウレカセブン」第47話:アクペリエンス・4
Excerpt: この星とスカブコーラルを巡る謎についての“種明かし”。その名の通りの地球の“かさぶた”。個人的には、「スター・トレック」の映画版第1作の構図を重ねて見ました。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2006-03-20 04:00

交響詩篇エウレカセブン 第47話 「アクペリエンス・4」
Excerpt: 交響詩篇エウレカセブン   現時点での評価:4.0〜4.5   [少年の冒険?]   MBS・TBS系列全国   日曜 朝7:00〜7:30 放送   アニメーション制作:ボンズ   ht..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2006-03-20 04:05

「交響詩篇エウレカセブン」No.47
Excerpt: No.47「アクペリエンス・4」ニルヴァーシュに乗ってスカブコーラルの中心に辿り着いたレントンたちは、ある人物と対面する・・・。スポンサー画面がダイアンの後ろ姿に。最後は、アネモネとジ・エンドに変わっ..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2006-03-20 05:20

交響詩篇 第47波◇ダイアン「信じていれば必ず会える。」
Excerpt: 是非に及ばず。無念なり。
Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt
Tracked: 2006-03-20 05:46

47話 アクペリエンス・4
Excerpt: 四度目のアクペリエンス。どうなることかと思いましたが、えらいことになっちゃいました。交響詩篇エウレカセブン 第47話 アクペリエンス4。 結論から言うと、レントンたちの世界=地球ということ・・・..
Weblog: 胡蝶のユメ
Tracked: 2006-03-20 07:07

エウレカセブン第47話 「アクペリエンス・4」感想。
Excerpt: いよいよレントンの前にダイアンが現われましたね。 一体ダイアンの口からどんな真実が語られるのか。 では早速・・・
Weblog: 種と月を語るブログ TYPE-0 SPEC2
Tracked: 2006-03-20 10:45

「交響詩篇エウレカセブン」第47話
Excerpt: 第47話「アクペリエンス・4」 アクペリエンス・フォ〜〜ッ!!! レントンたちがやって来た根っこ状の場所には、ダイアンがいた。 「行かないで!」というエウレカの叫びも無視し
Weblog: salty blog
Tracked: 2006-03-20 10:49

交響詩篇エウレカセブン47話「アクペリエンス・4」
Excerpt: 「帰ろう。僕たちの場所へ。」 ここでレントンが「俺」ではなく「僕」と言ってるのは、エウレカと3人の子供を含めるためだよね。
Weblog: バーングラウンドver1.5
Tracked: 2006-03-20 12:01

交響詩篇エウレカセブン 第47話
Excerpt:  あー、やっちった。最後の重要ファクターであるダイアンとアドロックの使い方が案...
Weblog: 下弦の憂鬱
Tracked: 2006-03-20 14:18

交響詩篇エウレカセブン 第47話「アクペリエンス・4」 感想
Excerpt: 今週もがっつり。以下感想。
Weblog: コトマニ
Tracked: 2006-03-20 20:54

交響詩篇エウレカセブン(47)
Excerpt: 英雄アドロックは目でモノを語る無口なダンディでした。
Weblog: イマドコ?いまここ。
Tracked: 2006-03-20 21:40

交響詩篇エウレカセブン 47
Excerpt: 副題「アクペリエンス・4」  全てを呑み込む “侵略者” 、スカブコーラル――。  1万年前、地球の海に飛来した彼らは、  最初は海のあらゆる生き物と、  さらには陸の生き物と..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2006-03-20 22:16

エウレカセブン 47「アクペリエンス・4」
Excerpt: またまた図書館の登場です。あんなにいっぱい本を読みあさる人がいるんですね。みんなダイアンのように忽然と消えた人なんでしょうか…。まぁ、それはそれとして。 ダイアンの口から聞かされた真実には驚きました..
Weblog: 凡ての道はガンダムに通ず
Tracked: 2006-03-20 23:22

交響詩篇エウレカセブン 47話
Excerpt: えー今回は非常に・・うん。たぶん結構重要な回だったとは思われるんですが、残念ながらホラタルは1シーンもなく、ホランドがでた1コマでは、画が崩れているなど、最終回間近でこれはないだろうという感じでした。..
Weblog: *LIEBE*
Tracked: 2006-03-20 23:51

交響詩篇エウレカセブン #47アクペリエンス・4
Excerpt: とうとうレントンとエウレカは目的地に到着??♪長かった。でもまだ終わりじゃなかった
Weblog: 才谷屋DIARY
Tracked: 2006-03-20 23:54

〜交響詩篇エウレカセブン 第47話「アクペリエンス・4」〜
Excerpt: お姉ちゃん ようやく登場のダイアン、ここに来て初登場です。 (回想では出てきたけど) あなた達はたどり着いたのスカブコーラルの中心、指令クラスターに 図書館?と思ったら、
Weblog: 駄文とか駄文とか駄文とか
Tracked: 2006-03-21 05:25

交響詩篇 エウレカセブン 第47話「アクペリエンス・4」感想
Excerpt: ついに語られた1万年前から現在に至るまでの経緯、人類とスカブコーラルの関係性、そしてスカブコーラルが抱えていた『百年の孤独』ならぬ「1万年の孤独」。 まだスカブコーラルの本当の正体自体は語られてはいな..
Weblog: 蒼穹のぺうげおっと
Tracked: 2006-03-21 07:30

交響詩篇エウレカセブン 第47話「アクペリエンス・4」
Excerpt:  今回の話は、「生き物」であるスカブコーラルの真の意図が明らかになり、ダイアンやアドロックがいったいどうなっていたのか、というのも明らかになり、ついでに、人間とスカブコーラル(コーラリアン)との共生は..
Weblog: 暁のSTARSHIP TROOPER
Tracked: 2006-03-21 08:25

交響詩篇エウレカセブン 第47話 「アクペリエンス・4」
Excerpt: 高密度な情報が詰め込まれた回。レントンとダイアン、果ては父・アドロックまでが登場して、“これまで”と“これから”の世界観が一気に語られましたね。エピソード全体の雰囲気も良かったです。ひたすら会話主体..
Weblog: 新米小僧の見習日記
Tracked: 2006-03-21 12:14

交響詩篇エウレカセブン 第47話
Excerpt: サブタイトル「アクペリエンス・4」   ついにレントンはダイアンと再会する。  彼女から出された提案に、驚くレントンは...   交響詩篇エウレカセブン  以下詳細  ***********
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2006-03-21 13:40

『交響詩篇エウレカセブン』#47
Excerpt: 「アクペリエンス・4」 話数・サブタイトルが7時22分まで出ないなんて。すごい演
Weblog: おくいのなんでもdiario
Tracked: 2006-03-21 15:40

交響詩篇エウレカセブン 第47話 アクペリエンス・4感想
Excerpt: アクペリエンスもこれで4度目。 レントン達は司令クラスターにいたダイアン、アドロックと再会し、 デューイ達は攻撃を開始しました。 ダイアンによる説明が多くてあんまり書くこと
Weblog: ちいさな創造
Tracked: 2006-03-22 02:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。