2006年03月29日

パズル崩壊/法月綸太郎

出版社/著者からの内容紹介
男女はいかにして切り裂かれ、「雌雄同体の1個の生物の亡骸(なきがら)」となって密室に残されたのか?1本の「懐中電灯」が、完全犯罪を崩壊させる陥穽(かんせい)となったのはなぜか?選び抜かれた8つの作品が、本格ミステリの形式に鋭角の亀裂を走らせる!本格推理の嫡子(ちゃくし)、法月綸太郎の新世紀を予感させる、傑作第2短編集。

重ねて二つ
懐中電灯
黒のマリア
トランスミッション
シャドウ・プレイ
ロス・マクドナルドは黄色い部屋の夢を見るか?
カット・アウト
…GALLONS OF RUBBING ALCOHOL FLOW THROUGH THE STRIP


短編集でした。

「重ねて二つ」
ホテルで発見された死体は上半身が女、下半身が男。まるで一個体であるかのようにぴったりとくっ付いていた。目撃者によると、残りの各半身が部屋から運び出された形跡がない。さて、どこへやら。

雌雄同体を思わせる狂気じみた犯行に宗教の匂いを嗅ぎ取ったはいいけど、犯行理由にも犯人にも宗教的観念は一切なく拍子抜け。短編ならこんなものか。発想は面白いんだけどね。

「黒のマリア」
あとがきによると、テレビドラマの脚本をノベライズしたものらしいです。文章化されたほうを読んでから、映像を想像してみたけど、テレビドラマ版はきっとつまらんかっただろうな・・・と思ってしまった。
だいたいテレビドラマ版ってのが関西ローカル深夜のバラエティ番組枠だし・・・。

「ロス・マクドナルドは黄色い部屋の夢を見るか?」
設定が強引ですよ。ここで読書スピードが失速。

「カット・アウト」
ここで読書の手が止まりました。

「…GALLONS OF RUBBING ALCOHOL FLOW THROUGH THE STRIP」
もはや意味解らん。すいません、すいません。

全ての短編において「重ねて二つ」のような奇抜な発想を求めてましたが、少し違ったみたい。

パズル崩壊―WHODUNIT SURVIVAL 1992‐95パズル崩壊―WHODUNIT SURVIVAL 1992‐95
法月 綸太郎

集英社 1996-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by 桃鳥 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。