2006年04月10日

地獄少女 #26かりぬい(終)

柴田の初登場、第8話「静寂の交わり」で柴田がスキャンダルをネタに女優に強請りをかけていたので、この人いつか地獄送りのターゲットになりそう、と書いた記憶があるのですが糸を解きかけたのが娘とはまさかまさかの展開でした。

でも、つぐみは糸を解かないと安心して観てましたよ。つぐみの母親不在に対する苦悩が描写として今までほとんどなかったし、それよりつぐみとはじめちゃんが今まで育んできた7年間のほうがつぐみにとってはリアルなはずだし。

間接的ではあっても妻を死なせてしまったはじめちゃんの想いが吐露された場面はよかったなーとしみじみ思う。鼻水垂れ流そうが、よだれが出てようが、格好悪い父親を許容できるつぐみは本当にいい娘です。

でも、つぐみに糸を解かせて地獄に流してもらうのはおかしい。
糸を解いたつぐみも死後地獄送りになるし、父親がいなくなったらつぐみは両親のいない子になってしまうというのにはじめちゃんの依頼はずいぶん自分勝手に思えました。

柴田親子は深い絆を確かめ合って仲良く七童寺を後にしました・・・・・・って、ちょ、後ろでゴーゴーお寺が燃えてるんですけど!
山に燃え移る!
消防車呼べ!

最後の最後にやってくれた『地獄少女』 でした。
個人的には地獄通信制度が無くなるような展開で収束してほしかったです。すっきり完結してほしかったし、たとえこの世に理不尽な事項が起こってるとしてもこんなシステムはこの世にあるべきでないと思うな〜。


<総括>
レギュラーキャラの作画は安定してて(但し柴田一は除く)、特にあいの細かい仕草は見逃せませんでした。ゲストキャラの顔は「同一人物?」と思うほど場面場面で崩れまくってましたけど。

地獄通信が午前0時しかアクセスできないという設定は要らなかったような。第5話「高い塔の女」で依頼者が命からがら午前0時に飛び込みアクセスしてたけど、そのことを差し引いてもやっぱり活かされなかったのは残念。地獄通信が人々の間で伝説化してるという意味では通信時間に制限をかけたほうが説得力はありますが。

「ピンチはチャンス」とは言いますが、はじめちゃんに限っては「チャンスはピンチ」だったと思います。
地獄少女に説得をしようと足掻けば足掻くほど、事態を悪化させたり、一人空振りしたり、死にそうになったり・・・と。そして説得しきれないまま終了。結果オーライだけどね。

やっと終わったーと思ったら第2弾制作決定。思ったより人気があったことに気を良くしたのかな。まさかまた一話ポッキリの話がしばらく続くんじゃないだろうね。
柴田親子を降板させて、全くの新キャラをレギュラー登場させてくれるといいな。新しい息吹ってことで。


posted by 桃鳥 at 01:02 | Comment(2) | TrackBack(14) | 地獄少女【終】
この記事へのコメント
「地獄少女」を今日(4月10日)からスカパーのキッズステーションで見ます!

私が見ようとしたきっかけが「地獄通信が午前0時しかアクセスできない」という語り文句です。

それを面白そうと感じたのですが、活かされていないとのことで見る前にわかったので参考になりました。

とりあえず1話を見てみます。
Posted by びぃーなす at 2006年04月10日 18:10
>びぃーなすさん
キッズステーションは各2話づつ再放送ですね。
このブログネタバレしまくってる・・・すいません・・・。

何回か観てるうちに「地獄通信が午前0時しかアクセスできない」という設定があること自体忘れるくらいでしたけど、その設定を抜きにしてもそれなりに楽しめるので大丈夫ですよ。
Posted by 桃鳥 at 2006年04月11日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


地獄少女 第26話(終)
Excerpt: サブタイトル「かりぬい」   完全に記憶を戻したアイは、執拗にツグミに迫る。  ハジメはこの状況を打破できるのか?   以下詳細  ***********
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2006-04-10 05:53

地獄少女 第26話
Excerpt: 「かりぬい」 「つづきます」だそうです(悦)!! 地獄少女もついに最終回を迎えてしまいましたが、最後にPCの画面に「つづきます」の文字が浮かんで終わったので、続編を期待で??
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2006-04-10 08:00

地獄少女 最終話
Excerpt: 副題「かりぬい」  いつだって、行き止まりで  決して、逃げられない……。  怨みと呪い、  妄執と復讐の果てに何が見えるのか――。
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2006-04-10 19:41

(アニメ感想) 地獄少女 第26話 「かりぬい」
Excerpt: 地獄少女 4 最終回です。激しい憎しみに支配されたアイは果たして柴田親子にどんな復讐をもたらすのでしょうか?注目の回です・・・。
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-04-10 19:54

最終話サブタイトル「かりぬい」ってちょっと脈絡が無い気が…。
Excerpt: 日曜恒例、地獄少女の感想です。ん、「恒例」って何回目で恒例扱いになるんだろう。ま
Weblog: Le mouvement premier
Tracked: 2006-04-10 23:21

地獄少女 最終話 「かりぬい」
Excerpt:  ついに最終回を迎えてしまいました。大半の人の予想を遥かに裏切って(良い意味でv)ラスト3話あたりで怒涛の展開でしたね!  ちょっとだけ本音を言うなら、何だかグダグダで??
Weblog: 欲望の赴くままに…。
Tracked: 2006-04-11 00:28

地獄少女第26話「かりぬい」:右目のドアップ
Excerpt: 地獄に流されたあいを叱る謎の声。 あいの養父か何かか? それにしてもなぜ蜘蛛の姿を・・・2期で明かされるのか。 再び踏み切りで相見えるつぐみとあい。 本当に踏切が多いなw
Weblog: 知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ
Tracked: 2006-04-12 23:01

地獄少女第二十\六回最終話「かりぬい」
Excerpt: 柴田はじめ、つぐみと、地獄少女・閻魔あいの「えにし」も、ここまでです。
Weblog: kasumidokiの日記
Tracked: 2006-04-13 21:23

地獄少女 第二十六話「かりぬい」
Excerpt: 柴田親子との因縁が明らかになった地獄少女。 親子をこのまま地獄に流してしまうのか、それとも地獄少女が地獄に流されるのか・・・ ついに最終回です!
Weblog: 今日もコレクト!
Tracked: 2006-04-17 15:12

地獄少女#26「かりぬい」
Excerpt: 復讐を果たすため、クモの制止を振り切って現世に舞い戻ったあい。 クモによれば、あいは元々地獄にいて、地獄少女になるにあたって「心を閉ざす(=個人的な感情に左右されない)」と誓っていたもよう。 ..
Weblog: 今日もお部屋で☆アニメ中心生活
Tracked: 2006-04-23 00:04

地獄少女 第二十六話「かりぬい」
Excerpt: 地獄通信 アニメ・パプリカ いよいよ最終回。 ということで、あいちゃん、つぐみに対し、かなり強引な悪徳商人ぶりを発揮していますね。 事実を改竄してまで、何とか赤いいとを引かせたいよ..
Weblog: パプリカのアニメ鑑賞よた話
Tracked: 2006-04-23 03:14

後はあなたが決めること「地獄少女」第26話(最終回)
Excerpt: 恨みと後悔、そして、それを許す心はあいを変えることができるのか、第26話「かりぬい」です。 地獄への渡し舟の上で目を覚ました閻魔あい。 監視役だった(と思われる)人面蜘蛛が語りかけます。 お前は、..
Weblog: その他省その他局執務記録
Tracked: 2006-04-23 14:42

地獄少女・第26話
Excerpt: 「かりぬい」 閉ざすと誓った心の扉を開いたが故、地獄流しの宣言をうけたあい。だが
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-04-24 20:48

地獄少女 26(最終)話
Excerpt: 放送終了してだいぶ経ちますけど(^_^;)地獄少女の最終回を。仙太郎の子孫である柴田家への復讐…依頼者(!?)は何と柴田つぐみ。ターゲットは柴田一。
Weblog: ホビーに萌える魂
Tracked: 2006-04-29 17:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。