2006年04月25日

私が彼を殺した/東野圭吾

内容(「BOOK」データベースより)
流行作家・穂高誠が、新進の女流詩人・神林美和子との結婚式当日に毒殺された。美和子の兄・貴弘、穂高のマネージャー・駿河直之、穂高の担当編集者・雪笹香織。彼らは皆、事件後つぶやく。「私が彼を殺した」と…。容疑者は三人。そして犯人は一人。卓絶のテクニックで繰り出される真相を、はたしてあなたは看破できるか。


容疑者の人数が『どちらかが彼女を殺した』より一人多くて三人。
難しいのでハナから自己推理は諦めて読みました。
犯人誰よ!?
解説付いてなかったから余計にわからん。

『どちらかが〜』はストーリーがいたってシンプルでしたが、本作は複雑に絡んだ人間関係が昼メロドラマみたいに渦を巻いてました。

加賀刑事が容疑者の一人・駿河宅へ聞き込みに来たとき黒ビール飲んだけど・・・車で来てるのにいいのか?

東野作品の『交通警察の夜』では些細なことが大きな事故に繋がる、と警鐘を鳴らしてるのにどうよ。
発刊当時(1999年)には飲酒運転の取り締まり法は無かった?

私が彼を殺した私が彼を殺した
東野 圭吾

講談社 2002-03
売り上げランキング : 40,304

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(5) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


毒 〜「私が彼を殺した」〜
Excerpt: 「私が彼を殺した」(著:東野圭吾)を読んだ。 「究極」の推理小説。その2。 感想。 @増えてるーーー!!(容疑者) A一人称が、「僕」「俺」「あたし」。なるほど、誰も「私」ではないのな。 ..
Weblog: サナダ虫 〜解体中〜
Tracked: 2006-04-26 23:26

私が彼を殺した 東野圭吾 講談社文庫
Excerpt: 「どちらかが彼女を殺した」の続編で、読み手が犯人を推理するシリーズです。 「卒業」や「悪意」などでおなじみの、加賀恭一郎が登場します。 地の文がやや読みづらくて、錠剤の説明はしつこいです(笑)..
Weblog: 本だな。
Tracked: 2006-05-11 19:14

感想/どちらかが彼女を殺した(文庫)、私が彼を殺した(文庫)
Excerpt: ズルイよ、ズルイ。こんなオモチャあり? 犯人わからないのが悔しくて悔しくて何度も読み返しつつ、決定打は見出せないまま解説を読む敗北感たらないぜ。1回限りのやったもん勝ちネタモノで、それを最初にやっての..
Weblog: APRIL FOOLS
Tracked: 2006-11-06 07:29

私が彼を殺した 東野圭吾
Excerpt: わからん!最後まで犯人がわからんっ! 『どちらかが彼女を殺した』につづく第二弾といったところでしょうか。本文の中では犯人は明らかにされません。本編の最後は加賀恭一郎刑事のセリフで閉められ..
Weblog: カブシキ!
Tracked: 2007-01-14 01:30

私が彼を殺した/東野圭吾
Excerpt: 新進の女流詩人・神林美和子は流行作家の穂高誠との結婚式を迎えていた。 幸せそうな二人をよそに、この結婚をよく思っていない人間が3人いた。 一人は実の兄でありながら、両親を不慮の事故で失い離れ離れに..
Weblog: mahirose cafe
Tracked: 2009-03-25 08:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。