2006年05月15日

図書館戦争/有川浩

内容(「BOOK」データベースより)
正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ。


公序良俗を乱すとして狩られる本を守るため、銃撃戦までしてしまう図書隊員たち。
好きな本を守るため、夢を突き通す主人公のまっすぐな想いが素晴らしいです。

主人公の憧れの人としてのオチはミエミエですが、それはそれでオチにいくつくまでの過程が面白かったです。

図書館制度がやや難しかったかなー。
いや、ちょっとどころじゃない。かなり難しかったです。ダメですね、私。

図書館戦争図書館戦争
有川 浩

メディアワークス 2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。