2006年06月04日

ナラタージュ/島本理生

出版社 / 著者からの内容紹介
壊れるまでに張りつめた気持ち。そらすこともできない 二十歳の恋
大学二年の春、片思いし続けていた葉山先生から電話がかかってくる。泉はときめくと同時に、卒業前に打ち明けられた先生の過去の秘密を思い出す。今、最も注目を集めている野間文芸新人賞作家・初の書き下ろし長編。


出てくる人みんなが素直で優しくてそれゆえに人を傷つけたり、傷ついたり、殻から抜け出せなかったり。

あまりに優しすぎて、そりゃちょっと違うんじゃないの?と思わすような行動をとる葉山先生がいたり、怒ると衝動で恋人を支配・抑制してしまう小野君がいたり、かなり体当たりの恋愛ですね。

気になったのは、普段スキもソツもなく優しい小野君が怒りの感情に任せたときだけとる言動って今後も治らないと思うな。後で謝ったところで、別の痴話問題を抱えたときに同じことを繰り返すと思う。ドメスティック・バイオレンス的描写もあったしね。

仲の良かった友人と理由もなく疎遠になるのってすごくリアルだな。
仲が良いと思われた友人は主人公にとって所詮通りすがり的存在だった刹那さが何とも言えないです。

それにしても、泣きたいときに泣ける人って羨ましいわー。

ナラタージュナラタージュ
島本 理生

角川書店 2005-02-28
売り上げランキング : 20600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(2) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ナラタージュ
Excerpt: 島本 理生 ナラタージュ 人生タイミングが重要ですねぇ…。 [要旨] 壊れるまでに張りつめた気持ち。ごまかすことも、そらすこともできない―二十歳の恋。これからもずっと同じ痛..
Weblog: 乱読日記
Tracked: 2006-06-04 21:26

こんなにも恋って心が痛いんだ...ナラタージュについて
Excerpt: 友達に『何かおすすめの本教えてよ??』 「うーん、君みたいな情熱的で感受性豊かな人にはこれ読むとかなり熱いんじゃないかなぁ」と 島本 理生(しまもと りお)さんのナラタージュを紹介されました。..
Weblog: 郵便局員さんの小さな小さな幸せ探し
Tracked: 2006-06-08 21:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。