2006年07月22日

ハサミ男/殊能将之

内容(「BOOK」データベースより)
連続美少女殺人事件。死体ののどに突き立てられたハサミ。その残虐性から「ハサミ男」と名づけられたシリアル・キラーが、自分の犯行を真似た第三の殺人の真犯人を捜す羽目に…。殺人願望と自殺願望という狂気の狭間から、冷徹な眼で、人の心の闇を抉るハサミ男。端麗なる謎!ミステリ界に妖しい涼風が!第13回メフィスト賞受賞作。


オチは立ち読みであらかじめ知ってたのですが、それでも十分楽しめました。

表紙カバー折込部の「著者のことば」でこれは失敗作か?と思わすようなコメントが記されており噴き出し、そして作者がかわいいなーと思った。どうしてこんな話になっちゃったんだろー、というコメントです。

前半、ギャグなのか真剣なのかよくわからない描写があり、いまいち本作のカラーが掴めなかったけど、後半の巻き返しが素晴らしかった。とにかく作者の力量にやられ、見事ミスリードに引っ掛かりましたよ。

グロいはずのシーンも陰鬱であるはずのシーンも重さや窮屈さを感じず読みやすかったです。

ハサミ男ハサミ男
殊能 将之

講談社 1999-08
売り上げランキング : 302715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(2) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


(書評)ハサミ男
Excerpt: 著者:殊能将之 うん、面白かった。 トリックの切れ味自体は確かに賛否両論かも知れ
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-07-23 18:29

ミステリー小説『ハサミ男』を読む。
Excerpt: ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。 ハサミ男殊能 将之 (2002/08)講談社 この商品の詳細を見る ミステリー小説をよく読みます。 眠れない夜..
Weblog: 旅に、グルメに、読書に、映画……週末ライフの過ごし方
Tracked: 2006-09-10 10:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。