2006年08月07日

蛙男/清水義範

内容(「BOOK」データベースより)
だんだんカエルになっていく。驚愕、恐怖、滑稽…ある日、突然変身し始めた男が知るホントの世の中、真実の自分、そしてかけがえのない女性。最高潮!清水義範ワールドの不可思議なラブ・ストーリー。


自分の容姿がだんだんカエルに近づいているが、カエルの姿として見えているのはどうも本人だけで他人からは人間の姿で見えているという。視覚障害や脳のミステリーとして締めくくるのかと思いきや結末が意外や意外の不思議ワールド。そしてせつない。

いたたまれない気持ちにさせてくれる結末ではあるけど、親子関係や職場でのポジションなど適当に脱力して生きていた主人公がさまざまな手段を遣ってカエル姿の謎を解明しようとする姿が楽しいです。

蛙男蛙男
清水 義範

幻冬舎 1999-04
売り上げランキング : 1100262

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。