2006年11月08日

倒錯の帰結/折原一

出版社/著者からの内容紹介
書下ろし長編「倒錯シリーズ」完結編。
前代未聞、前からも後ろからも読める本。

『監禁者』『首吊り島』、どちらが始まりで、どちらが終わりか。
日本海の孤島で起こる連続密室殺人事件と、東京のアパートの一室での不可解な監禁事件。2つの物語を結ぶのは、封印された『倒錯の帰結』。


倒錯シリーズ第三弾にて完結編です。
しまった、第二弾抜かした・・・。

順列を追わなくても支障はありませんが、順列通りのほうがやはり面白さが増すだろうな。
『倒錯のロンド』→『倒錯の死角』→『倒錯の帰結』

本作『倒錯の帰結』の中には二作品あり両作読み終えて始めて、頭がグルングルンなり「何だよー、これー」と叫ぶ作品です。

『首吊り島』は前から、『監禁者』は後ろから本を逆さまにして読むことになります。
まさに「後ろから前からどぉぞ〜♪」な楽しい仕様になっていますが、電車内のような人目に触れる場で読むと「逆さまに本読んでいる痛い人」の目で見られる可能性もあるので要ブックカバーかも。

とはあれ、内容は満足です。
タイトル通り結末は倒錯しまくり。
間の袋とじで作者の奥さん、新津きよみ女史がやや絡んでいることに感嘆していいやら、苦笑いしていいやら。

倒錯の帰結倒錯の帰結
折原 一

講談社 2000-10
売り上げランキング : 624240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。