2007年04月08日

2007年冬 ドラマミニ感想

わたくし実は海外ドラマ(韓国ドラマ除く)が結構好きで昔からよく観てます。国内のドラマで今回きっちり観たのは二作品で私にしては多いほうです。

国内ドラマ
「ハケンの品格」
篠原涼子は30歳超えてから魅せる女優になったなーとしみじみ思う。派遣社員のあれこれより派遣会社の営業担当・一ツ橋の苦悩のほうが気になるのよね。営業は取引先と派遣社員との板ばさみで胃が痛くなりそう。
あと「あの派遣、あの派遣」と名前を覚えない部長に怒りを覚えました。

「ヒミツの花園」
くっだらねー。子供だましにもならん。ヒロイン(釈由美子)がキャラ立ちしてない。
第一話の途中で視聴やめ。

「今週、妻が浮気します」
音楽担当が佐藤直紀氏だったので注目して観た(り観なかったり)。というより観なかったほうが多い。
夫に浮気された妻より、妻に浮気された夫のほうが世の中惨めに映るんだよなー。
男の威厳を振りまくのもいいけどホドホドに。ユースケの髪型イケてなくて冴えない男っぷりがよく出てた。

「華麗なる一族」
正月のなんたら駅伝の中継ポイントで「華麗パン」なる商品をギャラリーに無料配布することで場違い宣伝していたことを思い出す。毎回、登場人物の名前と肩書きが表示されるのはわかりやすくて良かった。しかし、万表鉄平は絵に描いたようなキャラだったな。

海外ドラマ
ER]
第1シリーズから観てますがERスタッフ並びにその家族、死にすぎです(笑)。
降板臭を匂わせて退場していくの止めて下さい。
たまにすっごい大物俳優が出るからたまらん。

LOST seazon1」
スカパーで第1シリーズだけ2〜3回観ていたので、地上派放送は復習。
全米が喰いついただけあって面白い。
無人島に飛行機が墜落して生き残ったメンバー同士で疑心暗鬼な関係になるのもよし、政府の秘密実験場と思わせるもよし、超常現象と思わせるもまた面白い。
役者に今後の展開を知らされていないだけあって視聴者にも先が読めない。

デッド・ゾーン seazon1」
スティーブン・キング原作。
くそっ、アメリカドラマはなんでこんなに面白い作品ばっか揃えてるんだよ。
サイキックでトラブル解決、といってもそんな単純な収まりになるはずもなく、能力者本人が記憶喪失だからこれから主人公の過去が徐々にフラッシュバックするんでしょ。んで、あっと驚くんしょ。
公式サイトにある「人類を脅かす危機」 って『LOST』も同じなような・・・(笑)。


posted by 桃鳥 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。