2007年04月24日

首輪物語/清水義範

出版社 / 著者からの内容紹介
文学、映画、TVの名作を究極パスティーシュ。
"パロディの達人"が文学、世界的ヒットの映画、昼メロ原作まで古今東西の名作を縦横無尽にコラボレーション! 鮮やかな仕掛けと切れ味鋭いユーモアと毒、脳みそも唸る、究極のパスティーシュ小説集。


タイトルと表紙を見れば一目瞭然ですが『首輪物語』は『指輪物語』のパロディで、これを含む8作の短編集。元ネタ知らないと面白くないな、これ。

「首輪物語」
ゾンダーラって何だよ(笑)。細かい設定は凝ってるけど、終盤端折りすぎで作者の投げっぷりに笑った。

「ティンカー・ベルの日記」
ピーターパンの周囲をウロチョロするティンクの本音。『ブリジット・ジョーンズの日記』と合体してあるそうですが気付かんかった。

「パウダー・スノー」
トラップ一家物語のパロかなと思っていたけど勘違いらしく、『若草物語』と『細雪』の合体らしいです。
『若草物語』ってどんな話だっけかな。

「亀甲マン」
『スパイダーマン』の亀バージョンで大豆を食べたせいで指から納豆の糸が!

「あこや貝夫人」
『真珠夫人』のパロです。真珠があこや貝になっただけでは?

「ハートブレイク・ツアー」
テレビ番組『あいのり』が途中から西遊記に。

「渚のカルメン」
元ネタ知らないのでただの短編小説に思えました。

「プロフェッショナルX」
ロビンソン・クルーソーの孤島生活を『プロジェクトX』のシナリオ本風に紹介。ゲストはロビンソンさんとフライディさん。
(ささやくような声で「プロフェッショナルX」)という説明書きが細かくて笑った。確かに実際、番組の中盤で3秒ほどそういうシーンが挿入されてるし。

首輪物語首輪物語
清水 義範

集英社 2005-11
売り上げランキング : 316973

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 桃鳥 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「清水義範」の感想
Excerpt: 「清水義範(しみずよしのり)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。 *主な作品:ああ知らなんだこんな世界史、「福沢諭吉は謎だらけ。心訓小説」、大人のための文章教室、わが子に教える作..
Weblog: 読書感想トラックバックセンター
Tracked: 2007-04-25 18:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。