2007年05月26日

殺意・鬼哭/乃南アサ

内容(「BOOK」データベースより)
『殺意』は、加害者・真垣徹の独白で綴られている。内なる大輪の花に魅せられ、彼は「殺人者」になる。『鬼哭』は、被害者・的場直弘の独白で綴られている。それは刺されてから死ぬまでの3分間の意識の流れ。「おそらくミステリー史上、かつてない試みであろう。…エンターテインメントの域をはるかに越え出た力業である」と評された異色作。


一つの殺人事件の加害者と被害者の独白を前半と後半に分けて構成した一風面白そうな試みに惹かれて読みました。『殺意』と『鬼哭』は元々、別作品扱いされていたのが文庫本で一つ(?)になったそうです。

―「呆れてものが言えねえよっ!」

被害者のたった一言が加害者・真垣の内に眠る殺意を覚醒させ、その芽を3年間育て上げた心理描写が『殺意』。相手が憎かったわけではなく、人類が生まれながらに持つ殺意を目覚めさせてしまったということ。刑務所出所後も殺人者の道を歩むと心に決めた彼の底知れぬ恐ろしさが、『殺意』の持ち味だと思います。

そして、その不運を背負ったのが被害者・的場。圧倒的に惨めな男です。
真垣に刺されてた瞬間から絶命するまでの約3分間の意識を走馬灯のように描ききった作者の手腕に脱帽です。
死に逝く3分間の意識と現状をスローモーションにして過去の回想を交えつつ、よくここまで沢山描けたなと感心しました。

殺意・鬼哭殺意・鬼哭
乃南 アサ

双葉社 2000-05
売り上げランキング : 204731

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。