2005年07月10日

Comics Batonきた

いつもお世話になっている才谷屋DIARY(仁JINNさん)からComics Batonを頂きました。喜んで受け取ったものの最近の漫画はあまり知りません。サクサク回答していきたいと思います。

●あなたのコミックの所持数は?

56冊です。意外に多いな。
タイトル数では4作品。
ハガレン以外は全部歯抜けになってます。


●今読んでいるコミックは?

『鋼の錬金術師』だけです。


●最後に買ったコミックは?

『鋼の錬金術師』の最新巻です。
面白くないな〜、この回答。


●よく読む、または思い入れのあるコミック5つ

@『鋼の錬金術師』 荒川弘
4757513860鋼の錬金術師 (10)
荒川 弘

スクウェア・エニックス 2005-03-11
売り上げランキング : 1,057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

多くは語るまい。


A『タッチ』 あだち充
409123741Xタッチ (1)
あだち 充

小学館 1992-05
売り上げランキング : 29,319

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

数年前の再放送をきっかけに文庫版を中古で購入。歯抜けですが・・・。
兄弟愛だけでなく、家族愛もジーンときます。この作品の登場人物は何だかんだいってみんな不器用なりの優しさを持ってますね。あだち氏は心理描写が上手いなぁ。


B『赤ちゃんと僕』 羅川真里茂
4592128281赤ちゃんと僕 (18)
羅川 真里茂

白泉社 1997-09
売り上げランキング : 319,667

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

笑いと涙のバランスがよい。大人でも子供でも受け入れられそうな作品です。人に借りました。


C『帯をギュッとね!』 河合克敏
4091257216帯をギュッとね! (1)
河合 克敏

小学館 1998-09
売り上げランキング : 326,910

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

柔道のルールをあまり知らずに読んでました。スポーツ漫画なのに線が細くて全体絵が見苦しくないんです。トーン使いの割合も見やすく好きでした。なにより作画が安定してるから安心して読めたのが印象的。人に借りました。


D『漂流教室』 楳図かずお
4091931715漂流教室 (1)
楳図 かずお

小学館 1998-07
売り上げランキング : 18,661

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小説を先に読んでから原作漫画を立ち読みしました。首が跳んだり、腕がブチッと音を立ててちぎれたり、とにかく絵が怖いので買いません(笑)。小学生版『バトル・ロワイアル』かと思う程、小学生がバンバン死にます。恐怖漫画が苦手な人にはお勧めできません。ただの恐怖漫画なら不快極まりないんですが、これは感動作です。約30年前の作品ながら楳図氏は今現在地球が抱えてる危機をこのころから示唆されてたんだな〜感心するような傑作本。


●バトンを渡す5人
■イロイロ日記■(キョウコさん)
一人で勘弁を。煮るなり焼くなりお好きにどうぞ〜。
もし、他にバトンをもらって頂ける方いらしたら受け取って下さいまし。


posted by 桃鳥 at 01:03 | Comment(4) | TrackBack(1) | 未分類
この記事へのコメント
コミックバトン、受け取ってくださってありがとうございます!
うわ〜懐かしい。
赤僕は私も大好きです。藤井兄弟がなんとも(笑)
漂流教室は映画で見ました。そう、原作のマンガは未だに恐くて読んでません(^^;)でも感動なんですか?うーん、どうしようかな。
Posted by 仁JINN(才谷屋) at 2005年07月10日 20:59
>仁JINNさん
バトン、ありがとうございます。
赤僕で一番印象的なのは、拓也と仲良くなったおじいちゃんに痴呆の症状が現れて施設に送られるシーン。一瞬だけ拓也のことを思い出す所で泣きました。いくら漫画の世界でも子供って無気力なんだな〜と思った話です。
漂流教室は映画と原作だいぶ違うようですよ。楳図氏の絵は個性があるので、受け入れ方は人それぞれですね。私は古本屋で小説版(100円)を買いました。小説のほうが想像が巡るのでお勧めかも。小説はもう絶版なのかしらん。amazonは今、原作文庫版ユーズドが47円ですって(笑)。
Posted by 桃鳥 at 2005年07月10日 22:47
コミックバトン受け取りました。
楽しく回答しました♪内容は地味ですけど。
自分でも久しぶりに「こういうマンガ懐かしい〜」と感慨深かったです。
Posted by キョウコ at 2005年07月12日 18:09
>キョウコさん
バトン受け取って下さってありがとうございます。
漫画を取り出して数えてるうちに、気が付けば読みふけってました。人に借りて読んだのがほとんどなんですけど、たくさん読んだわりには印象的なのが少ないな〜と思いました。
Posted by 桃鳥 at 2005年07月12日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


Comics Baton/コミックバトン
Excerpt: コミックバトン、いつもギャラリーフェイクでトラバしていただいてる「たこの感想文」
Weblog: 才谷屋DIARY
Tracked: 2005-07-10 20:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。