2005年07月18日

交響詩篇エウレカセブン #14メモリー・バンド

総集編は足踏み状態だから歓迎できないな〜とは思いましたが、実際観てみると新情報が要所要所に埋もれてて凝ってました。総集編で一話使うのは製作が追いつかないから、という裏事情もあるのかな。

月光号が塔州軍の所有物であり、三賢人にすら承認されてない存在だったことが判明。軍の元で造船されたわりにはカラフルな色使いだな〜というのが第一印象でした。

なぜ月光号があらかじめ存在しえないモノなのかは伏線なんでしょうか。
それとも月光号の出所事情に無理をきたさないため、月光号強奪の事実を軍が隠蔽することでストーリーをややこしくしないための単なるご都合設定なのか・・・。

ストナーがコーラリアンのことをまわりくどく説明してくれましたけど、余計に頭ん中ぐちゃぐちゃになったがね。彼の堅苦しい語りは交響詩篇の「詩篇」を強調するかのようです。

type ZEROを発見したのはアドロック・サーストンのほかにDr.ヤウチ、Dr.ダイヤモンド。それに加えて当時情報部主任のデューイと数名の部下たちとのこと。
生き証人ってことでしょうか。Dr.ヤウチとDr.ダイヤモンドは存命なのかしらん。
なんかデューイとかいう人に消されてそう・・・。

ドミニクは自室でも制服姿です。パソコンのブラインドタッチがすごい。一度も手元見ないでキーボードたたいてます。でも君は方角の勉強をしたほうがよろしいかと。
あ、そうそう、白軍服ってズボンと靴が繋がってるんですね。履きにくそう。

フリーペーパー『ray=out』の刷り出しは艦内でやってるのかなぁ。いちいち街に降りてるんだろうか。同じ印刷所に依頼しないと不便だろうな。

第二クールOP感想。
歌はともかく個人個人が前回より際立っててよいと思います。月光号メンバーのその他大勢の扱いは不憫ですが(笑)。
ドミニク笑ってるよ〜。爽やかでいいねぇ〜。そしてまつ毛の長さがいつもの二倍。
デューイは髪型変じゃない?

第二クールED感想。
CDのジャケット見ました。やべぇ、エウレカかわいい。どうして、こうツボをついてくるかね。
EDのエウレカの作画がBonseらしくないと思ったのは私だけ?顔変だよ。
第一クールとは全く趣きが違うんですね。
アネモネの扱いが敵対する者としてではなく、じっちゃん達と同じいち『ray=out』読者としてだったのが明るくて好感触でした。レントンのクラスメイトまで出てきたのは意外ですが、『ray=out』が一般人に浸透してることを示したかったんでしょうね。

7/20追記 今回のサブタイ「メモリー・バンド」の元ネタはHungry Hillの「Theme for The Memory Band」でしょうか。アルバムタイトルは『The Memory Band』です。


この記事へのコメント
こんばんはー。
最近はすっかりエウレカ観るのが楽しみになってますヽ(´ー`)ノ

> 総集編で一話使うのは製作が追いつかないから、という裏事情もあるのかな。
たぶん追いつきはするんでしょうけど、作画チームのモチベーション維持のために、要所で総集編的な回を入れていく感じに敢えてしたのでしょうな。本編で楽した分、OP、EDに力を入れてもらうとか、そんな交換条件だと思います。

> ストーリーをややこしくしないための単なるご都合設定なのか・・・。
たぶんご都合主義だと思います。

> コーラリアンのことをまわりくどく説明してくれましたけど
20世紀の科学で、精巧に測定しようとすればするほど、観察者の対象に及ぼす影響が大きくなってしまうので、結局正確に自然なままで測定できないというジレンマが各分野で起こって、人類には不可知のものがあるってのがFAって感じの思想が広がったんですよね。例えば文化人類学者がアフリカのある部族を観察しようとすると、自分がその部族に影響を及ぼしちゃうから、素の部族は永久に観察できないとか、そんな感じです。物理の分野でも、同じ現象があります。そんな思想の影響下にあるのではないでしょうか、あの言葉は。回りくどいけど、要は「人には不可知なものなんだよ、コーラリアンは。だから最後まで明確な答えを期待しないでくれよ」と、それを説明したいのだと思います。といいつつ後で論理的な説明があったりして(;´_ゝ`)

> フリーペーパー『ray=out』の刷り出しは艦内でやってるのかなぁ
いきなりエンディングのメインテーマにもなっていたし、作中でもドミニクが言及していたし、この作品における『ray=out』の役割はかなり大きそうですね。ぼくは制作者が昨今のブログ隆盛コミケ隆盛に感得して、インディーズ出版物やテキスト・写真が持つ影響力の大きさみたいなことをここでも表現しようとしたのだと踏んでます。

> 第二クールOP感想
デューイの髪型は変ですねヽ(´ー`)ノ
ところでホランドの向こうに写ってるのはレントンのお姉さんに見えなくもないような気もするのですが……。

> 第二クールED感想
ジャケはぼくも好きです。エウレカのあのポーズにぐっときます。関係ないけど、お酒のJINROのCMの変な踊りにもぐっときます。それと似たようなぐっとき方です。ここではストナーが月光メンバーの中で一人だけ特別扱いされてるようですね。まあテーマが『ray=out』だからっていうのもあるのかもですけど。クラスメイトやじっちゃんが登場したのは、単に『ray=out』を読ませるためだけだったという気がしなくもないです(´・ω・`)アネモネの明るい顔は良い感じですね。
Posted by 漫画堂 at 2005年07月19日 01:44
>漫画堂さん
総集編というには勿体ないほど、新情報がたくさんありましたね。視聴者の細かい疑問(月光号の出所や義賊になるまでの経緯とか)をこの回で処理してしまえ、といった感じでしょうか。

そういえばアフリカの部族観察の話は聞いたことがあります。文化人類学の分野ですね。コーラリアンは知的生命体だけど物体ではなく物質かな、と思ってます。変幻自在って可能性も含めつつ。

『ray=out』はいわば同人誌のような存在なんでしょうか。ここまで重要な役割になるとは思いもせず、ただのお洒落感覚の付属品かと・・・。

新EDでレントンのクラスメイトが出てきたのは『ray=out』が一般市民に浸透してることを示したかったんでしょうね。レントンのことをバカにして、ホランドを崇拝してた彼女達が手にしてるのはまさにレントン表紙の『ray=out』。レントンも一目置かれるようになったかな。
EDのレントンが被ってる頭巾のような帽子がイカしてました(笑)。イズモ艦長とその女性副官も出てきて欲しかったです。

前EDとは全く違った趣きに転換するのは勇気がいるのかも知れないけど、制作側の遊び心が散らばってるとも思いました。

新EDジャケのエウレカのポーズがJINROのCMを彷彿させるのには納得です。アニメーターさんの脳内ではきっとあのポーズにテーマがあるのでしょうけど、見る側の想像にお任せ状態なので心憎いですね〜。

ストナーが特別扱いなのは新EDの『ray=out』のせいなのか、第二クールでコーラリアンの観察者として目立つ存在になるのか・・・。前者かな。

新OPのホランドの向こうに立ってるのはダイアンだと思います。前OPと同じ服、同じ髪型でしたし。
髪型といえば、デューイです!
やっぱり変ですよね。大佐昇進記念にイメチェンしたら前髪切り過ぎたーみたいな(笑)。
Posted by 桃鳥 at 2005年07月20日 22:40
やっぱりお姉さんなのですね。ドミニクがホランドによるエウレカ強奪を「そのイメージとは全くかけ離れた」と評していたのは、実は裏でお姉さんが糸を引いていたから……ってことの伏線かもしれませんね。

コーラリアンは物質ですか、なるほど。「〈観察者〉によっていくらでも変容するから、なかなか言葉では表現しにくい」といったところでしょうか。

エウレカのポーズのテーマまでは考えてませんでした(`・ω・´)作中でなにかの折りにあのポーズが出てきたらアツイですね。

> レントンも一目置かれるようになったかな。
いまから考えるとレントンの第1話でのダメダメさの方に、むしろ無理があったように思います。きっとその後の成長を劇的に描きたかったのでしょうけど。だいたいお父さんはこの世界の住人にとってどんな存在なんでしょう? 救世したとは言われるけど、うさんくさいとか、そんな感じですかね? でも仮にも教科書に出てくるくらいだから、政治的な思惑でその息子を担ぎ上げようって輩が、一人や二人は出てくるのが自然だと思います。そう考えると、やっぱり無理があるなぁ。あと、帽子は確かに頭巾みたいですねw

イズモ艦長(とその女性副官)は、この作品にとってどんな役割なのかいまだ不明確ですね。ちょっとしか出てこない割りにはキャラが立ってるしw
Posted by 漫画堂 at 2005年07月21日 00:39
>漫画堂さん
ダイアンの情報は少なすぎて何とも予想がつきません。
レントンの夢に出てきたのはエウレカとアネモネとダイアンですよね。ダイアンもエウレカ同様、ゾーンに入ったことがあるんじゃないかと思います。

アドロックは救世主だけど人々の記憶から消えつつある、という描写がありましたね。ダイアンはアドロックの「何か」を証明するため旅に出たんですが、「何か」は忘れました(笑)。たぶん生きてるとは思いますが、レントンと対峙するはめになるのか、背中を押してくれる存在になるのか、軍属になってるのか・・・うーん、全くわかりません。

レントンはセブンスウェルを引き起こすくらいだから普通の子ではないと思います。それを匂わさないため、初期のレントンの言動はダメっ子そのものなんだと思います。最近かなり大人になったなと思う部分がちらほら出てきましたね。
Posted by 桃鳥 at 2005年07月21日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「エウレカセブン」 (メモリー・バンド)
Excerpt: 「エウレカセブン」(メモリー・バンド)  総集編ですねv 1話を見逃した者にとっては、見慣れないカットが観れて良かったっすv ストナーの語りは、ちと小難しい感じがしましたが、ドミニク視点の分析はよく..
Weblog: ♪せおの時間日記♪
Tracked: 2005-07-19 00:44

交響詩篇エウレカセブン♯14「メモリー・バンド」
Excerpt:  OP、EDもすっかり模様替えして、セカンドクール開始です。ということで今回は総集編。なので特にこれといって感想はないかなぁ。  ストナーが記事を書きながら、コーラリアンについての概要を説明。前半。「..
Weblog: ferne Grun ■遥かなる緑■
Tracked: 2005-07-20 07:44

エウレカセブン #14 ドミニクに惚れたろ?
Excerpt: これを見て、それでもあなたは彼に惚れないって言うんですか。 これを見ても..
Weblog: ??SEED・エスカフローネに愛を注ぐ??
Tracked: 2005-07-22 17:59

[感想] エウレカセブン 14話 「メモリー・バンド」
Excerpt: 今回は総集編みたいな。「メモリー・バンド」の元ネタ分からねぇ。 Aパートはストナー視点で、Bパートはドミニク視点でこれまでのお話を総括。画像使いまわしが多かったけど新カッ??.
Weblog: Messala.net
Tracked: 2005-07-23 02:59

交響詩篇エウレカセブン 第14話 メモリー・バンド
Excerpt: 新OP&EDのお披露目はあったものの、内容は総集編でした。とはいえ、新情報も散りばめられてたりして、総集編なりに面白かったんではないかと思います。(それでも、総集編なんて要りませんけどね!)とりあえず..
Weblog: 『日々見聞きしたもの…。』
Tracked: 2005-07-23 04:05

TBS「交響詩篇エウレカセブン」第14話:メモリー・バンド
Excerpt: コーラリアンの一件を軸にした総集編。構成の工夫と若干の情報追加もあり、総集編にありがちな、おざなり感はありません。オープニング曲とエンディング曲も変わりました。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2005-07-23 09:41

エウレカセブン #14 「メモリーバンド」
Excerpt: 総集編なんでキャプやろうか迷ったのですが、OP・EDが一新されましたし、一応やっておこうかと。それと、昨日はかみちゅ!がお休みだったので、やるネタがなかったのも、この記事を作成した理由のひとつ。記事と..
Weblog: 師匠の不定期日記
Tracked: 2005-07-23 09:55

エウレカセブン #14
Excerpt: 今日の交響詩篇エウレカセブン14話「メモリー・バンド」は、総集編的な造り。他の作品と違って、見なおす事で発見があるこの作品。なら、総集編も歓迎〜!−−どの作品の総集編は、歓迎しないとか、聞かないで下さ..
Weblog: あっちゃblog
Tracked: 2005-07-23 11:22

交響詩篇エウレカセブン : #14 メモリー・バンド
Excerpt: ノリはいいけど、熱さがなくなった気がする新OPとED。OPにちらりと出ていた新キャラ2名が気になります。本編のほうは、レントン、ストナー、ドミニクのそれぞれの視点から、過去を振り返り、考えをめぐらせる..
Weblog: 蛙・鳴・蝉・噪
Tracked: 2005-07-23 13:27

エウレカ 14
Excerpt: サブタイはメモリー・バンド 総集編と位置づけしてもいいのでしょうけど 単純な総集
Weblog: MY FOOLISH DAYS
Tracked: 2005-07-23 13:52

エウレカセブン14話感想+考察纏め
Excerpt:  交響詩篇エウレカセブン 2  『運命』ただ流るるものの、免罪のことば。己のことすら理解出来ぬ者の欺瞞のことば。  偶然が重なり、必然となるのか。必然の重なりから生じる齟齬が、偶然となるのか。..
Weblog: 月の砂漠のあしあと
Tracked: 2005-07-23 17:40

交響詩篇エウレカセブン 第14話【メモリー・バンド】
Excerpt: ここまでの お話の まとめと補足でした. エウレカちゃんは,順調に回復している ご様子. レントン君が,エウレカちゃんのことを 「ちょっと変わってるし,どこか抜けているけど」 なんて 言うよ..
Weblog: EL CLASICO
Tracked: 2005-07-23 19:00

交響詩篇エウレカセブン 第14話
Excerpt: 第14話 「 メモリー・バンド」  ・・・現象はオレたちがいなくても起こる。 ただそれを目撃した者たちには何かを残す。それがその者たちにとって傷となるのか、はたまた糧となるのか・・・ 新..
Weblog: + SERAらく日記 +
Tracked: 2005-07-23 21:37

先にチョコッと総集編の話(交響詩篇エウレカセブン14話「メモリー・バンド」感想)
Excerpt: OPが変わるのは知っていたのですが、その最初のカットを見た時に「おおっ!」 と思ったものです。 この作品の舞台は、水辺の無い惑星だとばっかり思っていたので、緑と水の渓谷 から始まるのは、夏を感じさせる..
Weblog: 星くず旅行社 よろず支店
Tracked: 2005-07-23 22:01

エウレカセブン#14『メモリー・バンド』
Excerpt: 夏らしく水辺や空のシーンをふんだんに取り入れた、眩しい印象のOPになりましたね。ダイアンとホランド、ホランドにタルホ、エウレカにレントン、ドミニクにデューイ、アネモネにthe END、といったように、..
Weblog: TURN TO SCARLET
Tracked: 2005-07-23 22:33

メモリー・バンド
Excerpt: 交響詩篇エウレカセブン第14話 2nd Season突入と言うことで完全なる総集編。 両サイドの人物(レントン・ストナー・ドミニク)を通じての独白と言う手法。 理解力に乏しい自分には色々整理..
Weblog: Kimiteru's Blog
Tracked: 2005-07-23 22:35

交響詩篇エウレカセブン #14メモリー・バンド
Excerpt: OP&ED変わった。そうか14話だから第2クール突入か。 なんかまだ慣れないけど
Weblog: 才谷屋DIARY
Tracked: 2005-07-24 00:02

交響詩篇エウレカセブン 第14話 「メモリー・バンド」
Excerpt:  「私の名前は視聴者」  あらゆる現象は中間に位置する視聴者の目によって観察 されることでのみ、その存在を未来に残すことが出来ます。  要するに総集編  続き→ 
Weblog: 吠刀光 【遊撃】
Tracked: 2005-07-24 19:34

交響詩篇エウレカセブン 第14話 メモリー・バンド
Excerpt: 記念すべき2nd SEASON最初の回"メモリー・バンド”は 自称観察者ストナーと天然エリート少尉ドミニク (+レントン)の視点による1st SEASONの総集編でした。 ある程度予想はしていました..
Weblog: 蒼彼
Tracked: 2005-07-26 20:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。