2007年09月29日

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 其の七 雛見沢症候群

一週間見送った意味がますます解らなくなりました。仲間を信じる、いい話でしたよ。
未プレイで原作のネタバレ回避しつつのアニメ版ネタバレ感想です。




私、入江先生はロリータ嗜好で面白キャラの反面、怪しい側の人物だと勘違いしていました。富竹同様、とても潔癖な模範すべき大人ではないですか。悪い言い方をすれば人を疑う術を知らない理想主義の坊ちゃん。

鷹野の傲慢と自己過信と怠慢のおかげで、焼死体の偽装がばれ、鷹野犯人説ほぼ確定状態。ありがたくも墓穴を掘ってくれてとてもいい気分です。もう鷹野は三佐降格ですね! 降格どころか処分だといいなぁ。

雛見沢症候群の真相は梨花から明かにされて、一応理解しました。
過去に発症した病気を利用して細菌兵器を企てる国のお偉いさん組織の存在。
病気の治療を開発する入江所長は単なるコマ。組織相手に入江所長一人が勝てるはずもなく・・・。
富竹といい、今回の大石刑事といい、消えていくのが良識人だとわかった今、彼らの死は惜しいです。今までは?てか?(笑)

雛見沢大災害の調査をした機関も、現場処理を請け負った自衛隊も裏から派遣されたのでしょうか。

病気の経歴がはっきりして、オヤシロ様の存在も理論的に解明されて納得できたのですが、梨花から離れると病気が発症する、という不思議ちゃん設定、また来ましたよ〜。これこそが思い込みの集団心理なのでしょうか。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ひぐらしのなく頃に解 #12 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」
Excerpt:  重い音を軋ませて輪が回り始めている。  次第に加速してゆく。   破滅の足音は、私のすぐ後ろにまで迫っている。  なのにまだ、運命に抗うには、私はあまりに非力だった。  今更何ができ..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-09-30 03:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。