2007年10月11日

2007年夏 アニメミニ感想

ここ3ヶ月内に観たアニメ感想です。
レギュラー視聴は『ひぐらし解』と『DTB』の2点でした。

「DARKER THAN BLACK ―黒の契約者―」
アンバーがコードギアスのC.C.に、チンピラ健児が連れ去ったドールがエウレカに、オッドアイの少年マキがローゼンメイデンの蒼星石にそれぞれそっくり。

一話一話が地味に人情味があって好きでしたが、最終回がよく解らなかったというオチ。
ドールの少女を連れ去ったチンピラ健児が秋田からきりたんぽをヘイに送り届けたシーンが今でも印象強いんですよ。送り届けたこと自体はどうでもいいんですが、ヘイがその土産品を大家さんの手からアパートの皆に配るように頼んで断られたっしょ。俗世間と人情にどっぷり浸かった大家さんのあの態度は、人との繋がりを避け気味の寂しいヘイにとって心が揺れたと思いますよ。
現実世界でもお土産品を自分で配らずに人に頼む人居ますよ。なんかそういうの「何でもいいから物をやっときゃいい」という愛情がこもってない形だけのポーズみたいで寂しくないですか?
たぶんこのシーンはずっと忘れないと思うな。

「さよなら絶望先生」
第一話だけ観て視聴中止。
教室での生徒と絶望先生の掛け合いが激しいのはいいのですが、場面が切り替わるたびに黒板の文字が変わっているので、掛け合いを聴く耳と黒板を読む目、同時に動かすのがしんどかった。無意識のうちに読むほうが優先になってて掛け合いを聴くほうがおろそかに。結果、話についていけなくなるという事態に陥りました。第二話録画失敗をきっかけに視聴止め。

「コードギアス 反逆のルルーシュ 24&25話」
意味が解らないのは今に始まったことではないのですが、わからん・・・。 とりあえずルルーシュがピンチでポンチな感じ。
OPはaccess。あの高い歌声、オレ、すぐに貴水氏だってわかったぜ(笑)。


posted by 桃鳥 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。