2007年11月11日

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 其の伍 最後の駒

原作のネタバレ感想回避、兼未プレイ者のネタバレ感想です。




レナが「礼奈」を捨てた決意は、鷹野と通じるものがありますよね。過去の悲惨さでは鷹野のほうが酷いですが、悪環境の中耐え抜いたことといい、頭の回転の良さといい、勘の鋭さといい、出会い方さえ違えばこの二人、気が合う仲になれたのではないかと思います。

良い兄を演じる自分と沙都子を捨てる自分。
細い細い自制心一本で繋がってる悟史のリアクションがえらくリアルです。前回といい今回といい、悟史の心情描写に切羽詰った感が溢れ出てて素晴らしいです。

そして、梨花と羽入が雛見沢に新しい風を吹き込もうと圭一を迎えるべく前原伊知郎氏に我が村のPR活動をしていました。ちょっぴり愛くるしかったです。
子どもが自分の住む地域を褒めるのって無条件に健気ですよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ひぐらしのなく頃に解 #18 祭囃し編 其の伍 「最後の駒」
Excerpt:  そこは変わらない世界だった。  変わらないまま固まり、朽ちていく。  頑丈な鎖に縛られていた。  縛られたまま淀み、濁っていく。  どれほど掻き混ぜても足りない。  それだけでは清..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-11-12 07:23

ひぐらしのなく頃に解 18話
Excerpt: 「祭囃し編」其の伍「最後の駒」。 今回は昭和57年の4年目の連続怪死事件の裏側が語られていきました。 先週が物凄いテンポと情報量だったので、すかすかに感じてしまいます(笑)...
Weblog: さすらい旅日記
Tracked: 2007-11-13 00:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。