2007年12月08日

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 其の九 攻防

原作のネタバレ感想回避、兼未プレイ者のネタバレ感想です。




前話の最後、止め絵まで使って恥ずかしい演出をしたにもかかわらず、しょっぱなからトミーが捕まってた・・・(ノД`)しかもあの格好…(´Д⊂
富竹の今までの結果を思えば、生きているというだけで大躍進でしょうなんでしょうけど。生きてるだけで丸儲けって言葉が似合う男だなぁ〜トミー。

車ごと崖から転落した入江には色々ツッコミ所が多かったです。左眼付近の怪我が速攻消えてたこと。車脱出時には息も絶え絶えの状態だった彼が園崎家に到着したとたん普通に走ってたこと。息も絶え絶えの状態を目撃されているにも関わらずあまり詩音に心配されていないこと。

怪我してる入江を発見した時の詩音の無反応にも違和感ありました。
葛西「入江先生の車に弾痕が」
詩音「まじ?」
ちょっと漫才風にも聞こえたワンシーンは空気読めない詩音の演出ですかね。

別件でのツッコミ所はスーパーヒーロー赤坂vs山狗たち。
赤坂一人相手になぜ一人づつの攻撃?
何という、相手に優しい攻撃(笑)。

まるで暴れん坊将軍のお約束シーン。

全体的には「功」と「防」が入り乱れてて見ごたえはあったのですが、どうもクライマックスだからこそささやかなミスや演出の甘さが違和感として心に引っかかってしまうのです。
他にも変な所たくさんあってもったいないですよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ひぐらしのなく頃に解 22話
Excerpt: 「祭囃し編」其の九「攻防」。 今回ほど盛り上げられる場面を、消化試合のように淡々と終わらせていく この構成と演出にショックを感じざるを得ません。 入江の逃走シーン、葛西と...
Weblog: さすらい旅日記
Tracked: 2007-12-09 00:48

ひぐらしのなく頃に解 #22 祭囃し編 其の九 「攻防」
Excerpt:  最初は何も知らず、手に収まらないほどの希望があった。  そして何もわからないまま未来は破綻した。  やがて努力することを覚えた。  それは努力が及ばないものを知ることでもあった。  ..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2007-12-09 02:24

ひぐらしのなく頃に解 第22話 祭囃し編 其の九 「攻防」
Excerpt: 前回格好良く逃げたのに捕まってしまった富竹。そして、次は入江。山狗に追いかけられて、崖から落ちたところに園崎詩音と合流。詩音、ようやくお出ましですね。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2007-12-09 22:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。