2008年01月05日

輪廻

内容(「Oricon」データベースより)
優香を主演に迎えて『呪怨』の清水崇監督が贈る恐怖のミステリー・ホラー。昭和45年、群馬県のホテルで起こった凄惨な事件。幼い少女を含む11人が犠牲となり、犯人も謎の死を遂げる。それから35年後の現代。この事件を題材にした映画「記憶」のオーディションに参加した杉浦渚は、見事ヒロインに大抜擢され、実際に事件のあったホテルにて撮影を始めるが…。


テレビ放送で観ました。
35年前に惨殺された犠牲者と犯人が現世で巡り合うという設定は一見ご都合主義のように思えるけれど、前世での人間関係が現世でも魂が惹かれあうことで邂逅を果たすという現象を個人的に信じているのでアリです。ロマンがあっていいじゃない。

ホラーとしては絶叫に値しません。
顔の滅びた人形より、林の中から覗く怨霊より、ラストのどんでん返しより、ヒロインのケータイの振動音が一番ビビリました。リアルに音が反射するんだもんよ。

主演の優香は大人しい演技でたいしたことないな〜と思ってたら最後の最後にやってくれました。素晴らしい顔芸でした。

輪廻 プレミアム・エディション輪廻 プレミアム・エディション
優香 香里奈 椎名桔平

ジェネオン エンタテインメント 2006-07-14
売り上げランキング : 6565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 桃鳥 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。