2008年03月26日

シゴフミ #12シゴフミ(終)

ネタバレ感想です。




頼りにしてた要は夏香の想い人でアテにできなくなり、葛西家夫婦が世間から好奇な目で見られ苦悩していることを知り、初対面の母親には存在全否定され・・・フミ可哀想すぎる。特にアイザワキレイはどうしょーもない奴です。自分の出産を否定するということは文歌が誕生したことや存在を否定することと同じだと思います。彼女(キレイ)なりの生き方も有りだとは思いますが人を巻き込んではイカン。ある意味キラメキも被害者ですね。

文歌の両親は共に心が未熟なんですよね。捨ててトンズラしたキレイは言うまでもなくですが、キラメキは一人子育てをして自分なりに文歌を愛したという点ではキラメキのほうがまだ救いがあるかも。自分が虐待をしていたという意識がないようなので娘の愛し方が間違ってるのですが、悪意はあまり見られないなぁ。
アイザワキレイの方は今はまだ遊ぶだけ遊んで、歳をとり気が付いたときには老いた自分の周りに誰もいなくなってたというシナリオがいいと思います。

ミカがフミをグーでなぐった!
お互い相手を思いやることで自分の気持ちを抑えすぎてたんでしょう。優しさというのも過ぎると爆発するんでしょうね。それが彼女らは言葉にすることで丸く収まりましたが、コミュニケーションを知らない子の場合は犯罪に走ったりするわけで・・・。
言いたいことぶちまけて、堰を切ったように泣いてスッキリ。いい感じです。特にミカはいつも張り詰めた表情だから泣き顔カワイイ〜。この時ばかりは二人とも少し幼児期に戻ったような感じです。

ミカ「ボクを出してくれてありがとう」
ここ最高!
母親に存在否定されたフミが一番救われた言葉だと思いますよ。
ミカを出す、というか生んだ(産んだではなく)ことでフミの存在価値が見出せるんですから。
素直に感動できた自分がいて嬉しかったり(笑)。

ED。今までのゲストキャラが使い捨てにされていないことが窺い知れて作り手の愛情を感じます。傷害事件を起こした少年は院でミシン。手に職を付けて社会復帰してほしいです。明日菜をうっかり撃ってしまった新米刑事は処分されたのでしょうか。ボウリング場跡地でお参り参加してませんでしたね。


【総括】
シリーズ無しかどうかわかりませんが無しと考えて、1クール(12〜13話)完結アニメの感想を書くのは初めてなんですけど、これくらいが自分には一番合ってるような気がしました。飽きなくていいのです。
ゲストキャラ話に絡ませつつ文歌の背景を進行していく技法は巧みで、中だるみもなく視聴者を留めておくのに充分の仕上がりだったと思います。
細かい設定まで表現しきることなく視聴者の推測に任せるやり方も、押し付けがましいいやらしさやあざとさがなく好感が持てるところでした。そういう表現に気付かず一人ツッコミしてた自分はアホですが(笑)。


posted by 桃鳥 at 23:04 | Comment(2) | TrackBack(11) | シゴフミ【終】

2008年03月19日

シゴフミ #11メザメ

ネタバレ感想です。




登場人物の誰かが文歌の寝たきり歴は4年と言っていたと思うんだけどなー。3年なんですね。

今回は色々と気になる場面がありまして。
3年間寝たきりだった人が起きた時、2〜3歩でも歩けるものなんでしょうか。丸一日の寝たきりでも初めの数歩は膝がカクンと折れそうになるくらいですよ。筋肉の衰えは相当なもので、数年筋肉使ってないなら立ち上がったとたんその場でへたり込んでしまうくらいだと思うのですが。退院後に持久力が必要な全力疾走もなんだかな〜と感じたのですが入院中誰かがマッサージしてたんでしょうか。

それから退院の晩、肉食べてましたね。
点滴生活だった人がいきなり肉はないでしょう。まずは消化のよい流動食から始めません?胃が受け付けなくて吐くでしょう。
でも文歌の肉「おいし」の後の葛西家の歓声は温かかったです。心底感動してるって感じでこの家族いい。

あと前から気になってたことです。
寝たきり中は尿管(訂正:尿道カテーテル)とオムツの兼用かなと思ってたのですが、オムツ一筋だったんですね。
オムツの不快感で目が覚めたんじゃないのー?
posted by 桃鳥 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | シゴフミ【終】

2008年03月12日

シゴフミ #10デアイ

ネタバレ感想です。(追記とか反省とか追加しました)




いくらゲームばかりしているからといって小学一年生の死生観があんなめちゃくちゃな事はないでしょーと思うのですが。文伽くらいの歳の子どもに命が蘇るゲーム与えるだけ与えて、親がフォローをしないのは良くない。
私が文伽くらいの頃、クラスメイトの葬式に出席したことがあります。確かに現実味はありませんでしたが、死は一応理解できてました。

良くない噂話が聞こえる所に子どもを置いておく親もおばさん連中も配慮がないよなー。てかあの手の世間話で盛り上がって「自分は普通の人間だから安心」などという意思確認を計らう人間は下等だと思います。
(3/13追記:これ書いた晩布団の中で「下等」は言いすぎだなと思いました。見下しているようで反省です。)

本作の時代設定がリアル世界と同じなら32歳の日比谷毅彦は就職超氷河期世代です。
職種に選択の余地などなく、やりたくもない仕事に就いたあげく鬱を抱えて退職という事例は結構多いです。毅彦の場合は不治の病が追い討ちをかけてるんだから奈落の底に落ちた気分でしょう。そんな時にオカンはご近所のホモ話で盛り上がりおって・・・。集団就職世代らしき井戸端会議おばさんにはわからんだろうなぁ。

無職を安易に批難する声、これは当事者を傷つけることもあるから先入観だけでしゃべるのはダメですね。

最後のシーン、毅彦伯父(叔父)さんの死を何度も確認しながら文伽はゲームのリセットボタンを繰りかえしピコピコ。死を初めて受け入れた時にパワースイッチをオフ、という一連の流れはいかにも今回の隠れ見せ場っぽいけどあざとさがなくて良いと思います。

3/13追記:これまた布団の中で、文伽は文歌の異父姉妹かとも思いました。文伽が5〜6歳ということは文歌が植物状態になってから1〜2年後に誕生しています。あえて同じ名前を母親が付けたことに何の意図が?・・・とウトウト考えてました。

※ライブドアブログさん宛てのトラバはまだ飛びませーん。
posted by 桃鳥 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(2) | シゴフミ【終】

2008年03月05日

シゴフミ #09サイカイ

ネタバレ感想です。




冒頭。
トラックで家路に向かう千章と宮古川造園勤務の父。
父「おい、千章。父さん、仕事辞めて別の仕事をしようと思うんだ」
千章「え?引っ越すの?」
千章は初めて彼に握られたその手を見つめ、結ばれない運命を悟ったのであった。

・・・だと思ったら、親父さんじゃなくて恋人かよ!
あー、年齢不詳の青年に騙されましたがな。

チアキってどうも13〜14歳くらいにしか見えないのでリアルの大人の恋愛に結びつかないんですよ。50年前なら早いうちに結婚するのも普通だったんで有りといえば有りなんですが。子供と親にしか見えん。
千章は50年前にしては服装がモダンで住まいも豪邸ですしお嬢様だったんですね。金持ちでも貧乏育ちでも死は平等ということを千章の若すぎる死で痛感しました。

清澄才蔵が引き取った養女というのは事故の相手夫婦の子なんでしょ。後部座席で陣痛に耐えてる映像でしたし、人の良さそうな彼なら残ってしまった者の贖罪としてそうしそうです。

チアキは男女の話なら自分にお任せ的なことを大きな顔で言ってましたが、これはこれでせつないんですよ。生前の千章は可愛くて確かにモテたでしょうけど、やはり子どものうちに死んでるので彼女自身が経験した恋愛は大人に比べたらちっぽけなものです。
それを恋愛の先生のように振舞っても、所詮聞きかじりがほとんどで実体験が伴ってないせつなさを感じるんですよね。

杖に茶とか、杖が水泳とか、すごい和む。温泉旅行でもなお仕事中のフミカはすごい仕事魂です。
5年間墓参りしてない夏香に、先祖に無関心な若者の肖像を見ました。某有名女占い師が知ったら「アンタ、バカの上に大がつくバカタレだよ」とか言いそうだわ。

※ライブドアブログさん宛てにトラバが届かず早や2ヶ月。頂いた分は喜んで拝見してます!
posted by 桃鳥 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(14) | シゴフミ【終】

2008年02月27日

シゴフミ #08ハジマリ

ネタバレ感想です。




夏香は死なないフミカの事情を迅速に呑み込んで、順応力のある聡明な子だと思いました。
姉の春乃は初見、頼りないイタイ子だと思いましたがその気負わない性格がキラメキを救うのかも知れません。春乃がキラメキの担当になったことがこれからちゃんと活きてくるのでしょうね。叱咤とか母性は計算して出せるものではないので春乃の寛容な性格がキラメキのいい刺激になれば良いのですが。
今までの担当さんは新作を書くことばかりを要求してキラメキの暗部は見ないふりしてたのでしょう。

要は怒りに我を忘れてなのか解っててなのかキラメキの顔を集中的に殴っててグッジョブでした(笑)。これはこれで彼の存在価値は高い。

二重人格の文歌とフミカ。
虐待された経験のある子に見られる兆候としてわかりやすい事例ですが、二重人格説は全く考えてなかったなぁー。
テレビで多重人格者の人格が交代するシーンを観たことありますが、人格の交代を意識的にコントロールできるんですよね。文歌とフミカは仲良しだから役割分担もきちっと出来てて外部の人間は全く気付いてあげられなかったんでしょう。
創造された人格がしっかり意思を持って行動してるのって変な感じですわ。

※ライブドアさん宛てのトラバ、またダメでつ。
posted by 桃鳥 at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(10) | シゴフミ【終】

2008年02月20日

シゴフミ #07キラメキ

はいはい、前回予告のシャワーシーンはまたもや釣りでした。
ネタバレ感想です。




美川キラメキ死んでたんじゃないのね。いつかの感想ブログの数々は故人扱いになってましたが(笑)。娘に撃たれたことについての記憶が欠如してて、尚且つこの人精神年齢が逆戻りしているように見受けられます。娘に銃を向けられたのが相当ショックだったんでしょう。
生きていたことより、痛いギャグっコだったほうが意外でしたが。

文歌が植物状態になって4年。キラメキの最終作が4年前ということは、文歌がキラメキのゴーストライターだったのですか?
文歌がいなくなってキラメキが書けなくなったという筋も考えられますが、文歌が読者の精神を蝕むような書物を書かされることに抵抗していた方がドラマティックですし。
「努力を売りにするのなんてみっともない」というのは文才を誇る作家の言葉ではなく、ゴーストライターを雇うキラメキならではの言葉だったり。

フミカの言う「二人の娘」とは?
文歌の中の二つの人格ってことなのか娘が二人いるのかどっちでしょう。

要君のスタミナのなさは芸が細かいよ。

あと、キラメキの腕がルフィみたく伸びたときにはびっくりしたなぁ・・・。

※ライブドアブログさん宛てのトラバが飛ばない件なんですが、ある一瞬だけ可能な時があるようです。この一週間、日時を変えつつトライしていたら先ほど3時間程前は飛びました。でも今はアウトで全滅です。
posted by 桃鳥 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(9) | シゴフミ【終】

2008年02月13日

ジゴフミ #06サケビ

OP作詞者“宝野アリカ”という名前は“宝の在りか”を指していることに最近気付きました。
ネタバレ感想です。




かもめ東高のイジメクラス全員病んでるよ。教師があんなだから校内の大人に救いを求められないという事実もあるんだろうけど、ほとんどのクラスメイトが喜んでイジメに協力してましたね。自分はターゲットにならないという根拠のない驕りがクラス全員にあるんだろうけど。

父兄の立てこもり事件に加えて自殺者2人の学校となれば世間が黙ってないでしょう。学内のあり方が問題視されるという描写は各自脳内で補完しとけということでしょうか。ここの校長責任とって退任でないとおかしいと思いますが、今度普通に校長してたらどうしよう。
教師がマスコミから叩かれるの見たい(笑)。

母親が早朝から作ってくれた弁当にまでイジメが及ぶと我慢してた感情が切れそうです。画鋲なら取り除いて食べることも可能ですが、実在の滝○高校の被害者の場合、もっと凄まじいものがかけられてたと云いますからね。これは被害者本人へのイジメではなく被害者の母親への冒涜でもありますよ。優しい子ほど、自分へのイジメより弁当の件(=親への冒涜)のほうが許せないんじゃないかな。

加害者の家庭環境に興味が湧きます。

次期ターゲットになった森下君がたまたま落ちてあったマイナスドライバーでブスリ。なんでそこにドライバーが?、とか最後の咆哮は何?、とか色々突いてみたい点もありますが、森下君の末路はイジメ自殺の連鎖より遥かにリアルだったと思います。

森下君ね、出所しても前科が邪魔をして一生社会からのつまはじきに合うと思いますよ。彼の家族や親族も社会的に半分死んだと思います。動物的死と社会的死、気軽に天秤にかけることは出来ません。

※ライブドアブログさん宛てのトラバがまた飛ばなくなりました。ゴメンナサイ。
posted by 桃鳥 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(10) | シゴフミ【終】

2008年02月06日

シゴフミ #05タダイマ

ネタバレ感想です。途中、魔法アニメでも観てるのかと錯覚しました。




各エピソードに配達人自身の事情を連動させた作りが自然体で良いなーと思いながら観てます。

美川キラメキ、前回の予告の時点で福音局の偉いさんかと思ってました。
いかにも「我、麗しい」みたいな名前は自分で付けたペンネームでしょうね。
美川ミラメキの頭髪がフミカと同じ色なので親子なのは納得できるのですが、病院で寝ている美川文歌が黒っぽい髪なのはなぜでしょう。

チアキの言うとおりフミカも成長してるなら、文歌に近い顔立ちになるんじゃないでしょうか。成長してるわりにオチビのままなのが不可解です。

チアキがフミカのことを「フミちゃん」と呼んだり、世話をしたりと和む場面がたくさんありました。チアキは寂しがり屋さんなのか、自分の生前エピソードを聞いてもらって寂しさを紛らわせようとしているように思えます。
※追記:フミカが「フミちゃん」と呼んでました。フミカと文歌は別人説有力ですかね。

美川キラメキをインタビューした男性はアナウンサーか何かでしょうか。
美川の「死ねばいいんじゃない?」 発言には情の欠落を感じるのですが、“醜いほうの男性”の自分を卑下したコメントも相当空気読めてないです。
だいたいインタビューする前に美川の人間性をチェックしておけば、あんな間の抜けた会話のキャッチボールはしないでしょう。

※引き続きライブドアブログさん宛てのトラバが飛びません。頂いたトラバが有難く拝見しておりますがこちらからのトラバは不可能ですので何卒ご了承くださいませ。
※追記:トラバ飛びました〜。トビマス、トビマス!
posted by 桃鳥 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(15) | シゴフミ【終】

2008年01月30日

シゴフミ #04ナミダ

ネタバレ感想です。




興味本位で他人のプライバシーに踏み込むカナカ、鬱陶しいよぅ。
初登場のチアキとマトマはフミカとカナカの立場を逆にしたような性格ですね。フミカとマトマが組んでたら毎回お通夜のような配達なんだろうな。

八広蘭のもとに届いた立石尚子という人物からのシゴフミ。百合が強調されているから差出人はてっきり蘭の前の恋人かと思いました。

ウケ狙いの百合話とは違い、蘭が男性を好きになれない理由が本編のキーポイントとなってて話に奥行きがあったように思います。前回のCM映像でワクドキしてた人はガックリだろうな。
蘭は男嫌いというより、自分が男性を好きになることで嫌っていた母親に似てしまうことを恐れていたんでしょうね。

大人の立場から考えると、どんな理由があっても我が子を捨てた親が後々接触する資格なんてないと思うのですが、こうやって子供の立場で見てみるとダメ親の愛情でも必要なもんは必要なんだなぁ〜と思うわけです。

で、今回の話、七恵の「父親はオスじゃない」 とか蘭の「(立石尚子のことを)そんな人知らない」という発言は、なにげにフミカの過去や心情に触れているのではないかと考えます。

前回エラーの多い人間の要素の一つにフミカが近親相姦をあげてましたが、これはミカワフミカが父親を撃ったことと無関係とは言い難い雰囲気でした。フミカにとって父親は男(オス)なんじゃないかと邪推しますね。
それと蘭にとって心の底に沈ませて蓋をしているような存在だった母親のことを「そんな人知らない」と言ってますが、これはフミカの野島要に対する想いとシンクロさせてあって、実は野島要はフミカの想い人だったのかなーとこれまた推測です。

人間フミカと配達人フミカは顔が違うのに野島要は何でフミカだと確信が持てたんでしょう。

フミカは成長する配達人で、これは異例のようです。元の肉体が生きているようなので魂だけ器に入ってる状態ですかね。死にたがった人間フミカがシゴフミ組織の中枢部であろう福音局と何か条件付きで契約を交わしているのでしょうか。
福音局が決めた大罪をいつしかフミカが犯しそう。あー、なんという地獄少女。

※引き続きライブドアブログさん宛てのトラバが飛びませんが、頂いたトラバが有難く拝見しております。
posted by 桃鳥 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(12) | シゴフミ【終】

2008年01月23日

シゴフミ #03トモダチ

ネタバレ感想です。




サブタイトルからしていじめ問題と友情を取り上げているのかなーと思ってたけど違いました。死んでも何も変わらない、その通りだと思わせるほど虚無感漂う話でした。この虚無感とは裏腹にカナカの「郵便でーす」 のシーンがダサギャグちっくでウケる。

シゴフミを出す権利は抽選で得るのですか。カナカが「当選者」という言葉を使ってたので。考えてみれば死者全員の手紙を届けるのって配達人が何人いても大変ですわな。

シゴフミは言葉を学習していない赤ん坊とか胎児でも可能なんですね。きっと痴呆症の状態で死んだ人でも可能なんでしょう。そんな介護問題を絡ませた話も今後期待したいです。

「お父さん」 宛てに届いた血のりの手形、恨み言を書いた文字より訴えるものがあって怖いです。しっかり形のある手だったので妊娠中期以降に堕胎させられた胎児ではないかと考えます。母体に危険が及ぶ確率の高い時期の堕胎なら中絶手術を拒む産科医もいるかも知れないし、「お父さん」 がDVなんかで殺したのかも知れません。胎児が痛みを感じるのは妊娠後期の中絶なんだそうです。こーわーいーぞー。

今回の話は社会情勢を配慮して内容変更とのことですが、どこがどう修正されたのか気になります。

※引き続きライブドアブログさん宛てのトラバが飛びません。日時、時間をずらして何度かチャレンジしていますが絶望的な状態です。ご了承くださいませ。頂いたトラバは必ず拝見しておりますので。
posted by 桃鳥 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(13) | シゴフミ【終】

2008年01月16日

シゴフミ #02ロケット

ネタバレ感想です。




町屋翔太、マジ死んでた・・・。瀕死の重傷で意識不明かと思ったら遺体に毛布がかかってた・・・。
このアニメの情け容赦の無さに少し惚れ惚れです。
警察から逃亡している時の明日奈の形相が皮肉にも父親そっくりです。悲しいかな犯罪者親子を強調して似せて描いてるんでしょうね。

新米らしい刑事が「純粋な犯罪者」にビビッて早とちりの発砲。
ここ観て思ったのは明日奈がロケットに引っ掛かったビニールシートをもっと落ち着いて取り除けば避けられただろうに・・・です。あと、明日奈の「ダメッー」の意味がよくわからない。大声を上げなければ回避できたかもしれないとか思うのですが。切った髪もちゃんと処分しとけば、逃亡時間を稼げたのにとも思います。冷静に翔太を埋めることが出来たのは「純粋な犯罪者」だからでしょ。だったら屋上の出来事も・・・・・・・まぁ必死だったということで自己解決しときます。

フミカが美紅にシゴフミを渡すとき、目線を美紅と合わせてたことに好感。職業人気質だけではない人柄を感じました。

第三話「トモダチ」。カタカナでのこのサブタイ、『地獄少女』でもあったあった。

※引き続きライブドアブログさんにトラバが飛びにくくなっておりますのでご了承下さい。日を変え時間を変えチャレンジしてみますがそれでもダメな時はゴメンナサイ。
posted by 桃鳥 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(14) | シゴフミ【終】

2008年01月10日

シゴフミ #01コクハク

面白くなければ即刻視聴をやめるつもりでした。これがペケなら今期取り上げるアニメ感想ゼロでも仕方ないかな〜と思いつつ観てみたら、これキタ。
以下、ネタバレ感想です。




思春期の少年が味わう甘酸っぱい恋にキュンキュンしていたら途中からどす黒いモヤモヤが胸に蠢く展開。思いもよらずダークです。

死んだ人間からの手紙“死後文”。何故にカタカナなのか大いに意味がありそうなので見守っていきたいです。

何者かに殺された綾瀬竹蔵。彼のシゴフミの宛て先は娘の明日菜本人ではなく明日奈の恋人ということになってはいるが、父親自身娘に恋人がいるかどうか確認できていない模様。ここが少し不可解。恋人がいると竹蔵がわかっているのなら「娘を頼むぞー」とかいう親子愛で泣かせる方向にいくのかなとも思うのですが、何か変。居るか居ないか判別できない状態とはいかに。

明日奈に恋人らしいい恋人がいないということで彼女に想いを寄せる町田翔太がシゴフミの受取人になるべく一世一代の大告白を・・・・するつもりがなかなか出来なくて、ものすごく等身大。この辺に甘酸っぱさを感じるのだけれど、先ほど記述した身体を駆け巡るモヤモヤはこの後の描写でした。

自分の人生をを捨ててまで妹に希望を託す優しき少女が父親殺しの犯人だとなればその理由は数少ないのではないでしょうか。父親の写真が凶悪犯のようなツラだったのはきっと伊達ではないのでしょう。年頃の長女と、これから年頃に向かう次女。父子家庭。最低最悪のパターンを想像して重くなりました。

サブタイトル「コクハク」は翔太の愛の告白という意味と殺された竹蔵の愛憎からくる告発という意味が混在しているんだとわかると同時に本作の重さを感じ取りました。

故人からの手紙がテーマだっていうから江原啓之氏の番組のようにもっと魂救われる話かと思ったら甘くないみたい。でもそんな切ないだけじゃ終われない所に惹かれたのだけれど。

※只今、ライブドアブログさん宛てのトラバが飛ばなくなってます。もう少しチャレンジしてみます。
posted by 桃鳥 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(11) | シゴフミ【終】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。